SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE


これまでいくつかのブランドのボードに乗ってきた僕が感じるSGの印象は、
懐かしくもあり、新しくもある、この不思議な乗り味が、他にはないブランドだということです。
「雪面からボードが離れずに、吸いつく感じ」、というのはSGの大きな特徴のひとつ
だと思うのですが、性能として表現すると、「非常に高い次元での雪面とのコンタクトホールドパフォーマンス」といえると思います。
それは、今回のテーマであるチタナルやグラスという単なる構成材の性能差ではなく、「ボードをより速く、スムースに滑らせるために必要となる非常に重要な要素」で、この「吸いつく感」というものが、エッジングの情報、グリップの情報、滑らせる情報を“正確”に与えてくれている、という印象です。
いわゆるハイグリップというのは、雪面に噛みついてゴリゴリ削っていくというような感覚ではなく、ターンするために必要となる迎角(ズレ)=回転力を高い次元で維持し続けてくれるということです。要するに、「噛むッ」、というよりは「抜けないッ」という感覚に近いと考えて欲しいですね。
逆に、板のパフォーマンスにある種のオートマチック感を求めて(依存して?)滑るタイプの人には、
・板の反発が少ない
・板が寝る(立ちにくい)
という印象になるかもしれません。
このようなある種のオートマティック感を求めるのではなく、ターンするためにやらなければならないことをライダーに任せてくれて、ボードを使いこなすためのイマジネーションを楽しみたい方にぜひ乗ってみてもらいたいのがSGだと言えるでしょう。


ターンするための回転力というのは、例えば雪道で車を運転する時に、カーブでスリップしないで曲がっていってくれる粘り感のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。
スノーボードでも、車の運転でも、凍ったような硬いバーンではグリップ感がなくて、スリップしやすいですよね。
そういう少ないグリップ感の情報しか得られない状況でも、それを回転力、つまりターンしていく力に変えていく能力がFULL RACEの最大の特徴と言えるでしょう。
エッジホールド能力が高いという評価は、この辺りに起因していることで、それは結果的にハンドリング能力の高さを示していることを意味します。

気をつけなければならないのは、これらのボード性能の高さから得られる情報が、硬いバーンでもやさしい雪のように感じてしまうことで、また違った雪のシチュエーションになったときに、急に「曲がらない、板が寝る」という印象につながりかねないということです。
ハイグリップということは、それだけ雪面からの情報を正確に詳細にライダーに伝えてくるわけですから、雪面のコンタクト能力の高さに依存しすぎて、力まかせにガンガン・ゴリゴリと滑っていては、FULL RACEのポテンシャルを活かしきれないでしょう。

そういう意味では、乗り手にある程度の技量を要求するモデルです。
硬いバーンでもFULL RACEの持つ回転力を活かし、パワースライドできる人には強力な武器になります。
FULL RACEというモデル名たる所以ですね。
僕レベルだと、学ぶべきことを多く感じさせてくれるボードだと思いますね。
ボードに逆らわないでしっかりと板を立てて乗っていけば、よく曲がるし、最小限の労力で剛と柔を表現させてくれるモデルだと思います。



例えばレーシングカーでも、ゴルフクラブでも、人が扱うマシンやギアは、ピーキーなセッティングになり過ぎると、神業的にうまく操れないと、速く走れなかったり、飛ばなかったり、ハマればいいけどそうでなければ扱いにくいシロモノになりがちです。

逆に、何でもかんでもマシンやギアがやってくれてしまっては(まぁ、そんなことはあり得ないんですが...)、操る、または使いこなす楽しさがなくなってしまうし、なによりも自分の技量という意味で進化(レベルアップ)が遅くなってしまいます。
しなやかで、ある程度の扱いやすさが維持されていた方が、その時点での能力を100%発揮しやすく、結果的により速く、あらゆるコンディションに対応する能力が高まることは、様々な道具に共通することです。

その上で、今の自分自身がさらに進化していくために、プラス要素として、「適度な難易度」というものがあると理想なのですが、これはスノーボードも同じで、FULL CARVEにはその「しなやかさ」があり、今までのグラスボードでは想像し得なかったハイグリップパフォーマンス=「適度な難易度」があります。


チタナルというのは数あるスノーボードの構成材の中のひとつに過ぎず、現状のチタナル信仰的な流行にはあまり賛同できないところがありますね。
むしろ、これまでいくつかのブランドでボードの開発に携わってきた者としては、
ボード作りの目指すべき延長線上にFULL CARVEがあるという印象を持っています。

FULL RACEの部分でお伝えしたような雪面へのコンタクト感は、構成材としてのチタナルによるものだけではなく、そもそもSG独特のもので、当然これはFULL CARVEにも共通しているところです。
むしろ、総合力ではFULL CARVEの方が圧倒的に上回ると感じています。
レースシーンでも、いろいろな雪面のコンディションやセットに対応できるのは、ワールドカップクラスのライダーでなければ、FULL CARVEじゃないかと思うくらいです。

FULL RACEと比べると、ハイグリップ感が異なるように感じたりすると思いますが、違う言い方をすれば、FULL RACEは非常に敏感で、この敏感さをしなやかさに変えるにはある程度の技量を乗り手に求めます。
FULL CARVEのハイグリップ感は優しいというわけではなく、僕自身の言葉で言うと「ここまでかけても抜けないんだっ!」というまさに「抜けないッ!」というハイグリップ感で、結果的に今までよりも一つ高い次元でのスピードやGがかかっているシチュエーションでのスウィートスポットの広さを活かしてライディングの限界を高めていくべきだと思います。
グラスボードとは思えないハイグリップ感を体感してもらいたいし、しなやかに、スタイリッシュに滑りたい人に乗ってもらいたいモデルですね。

振動吸収性能の良さは、乗り手がボードをコントロールする上で必要な雪面からの情報も曖昧にしてしまうという良くない一面もあります。
しかし、SGの特徴のひとつである「雪面とのコンタクトホールドパフォーマンス」は、FULL RACE、FULL CARVE共に振動は抑えつつ、雪面の情報はしっかり伝えてくれます。
いずれのモデルもボードが教えてくれる雪面からの情報に感覚を研ぎ澄まして反応し、操作(ライディング)を楽しんで欲しいですね。

また、ロングボードとショートボードの2本を揃えたいと思った場合に、FULL RACEとFULL CARVEは共存できると思います。例えば、ロングはFULL RACE、ショートはFULL CARVEというように。
モデル間でそれくらい兄弟感があると思います。
どちらも高いグリップ力があるから、乗り手にはコントロール力が求められ、それが身につくことで上達へと導いてくれると思いますね。


MAC 遠藤 プロフィール
SGアドバイザー
そのライディング能力を活かし、メディアでの解説、
ボードの開発など、カーヴィングシーンで幅広く活動。
シギー・グラブナーのライディングスタイルを愛し、
誰よりも分析できるひとり。
生マックのライディングは、長野・エコーバレースキー場に
行けば見れますよ!
http://macendo11.client.jp/

copyright