SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店

Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



SGアドバイザーMac 遠藤が実際に自身が使用している2013モデルのインプレッションを解説
「試乗レベル」ではなく、「使用レベル」での感覚を参考にしてみて欲しい

photo and word by @icy_road



止まって立っている時に感じられる面の広さからくる安心感と、滑走中に作り出す雪圧を受けている印象が変わらずに乗れるのが2013モデル。ただ、ボードシェイプからくる安心感に頼りすぎると、このモデルの良さが引き出せないので、そこは注意が必要。板を立てればエッジがかんで曲がってくることを期待するのではなく、面の圧力を抜かないで滑ってみてほしい。
ボードを滑らせるために、前足を踏み込んでいく角度に対して、例えば強く踏み込み過ぎた時でもボードが推進力を失わずに次のターンに導いてくれるようになったのが2012モデルとの違いを感じます。
強く踏み込んでいけるようになれば、いつもよりちょっと斜度のあるところや荒れたバーンでも、これまでよりもちょっとスピードを出して滑ってみることが楽しくなると思います。
幅に対しては、足のサイズが小さいからスリム、足が大きいからファット、という選択だけではなく、どんな風にターンしたいか、どれくらいの大きさのターンをしたいか、という視点で使い分けをしてもらうといいんじゃないかと思う。それは幅だけではなく、長さの選択という視点も同様に検討してみてください。
エッジを立てに行くんじゃなくて、面で滑ってみたいとか、ソフトブーツでパワーカーヴしたいと思う人は、試乗した時に今乗ってみて最高!、って思うモデルよりも、ファットモデルに挑戦してみるとか、160よりも165にしてみるって選択もアリなんじゃないかな。


今季2012モデルは長さ通りというか、やりやすい回転弧がハッキリしていた印象があり、回転力が上がった印象だったんだけど、それは前足の内側からノーズにかけてのスウィートスポットの広さを作り過ぎてくれてしまうので、ややもすると曲がる力が強過ぎるくらいだったのですが、FORCEと似ていて、自分が前足を強く踏み込み過ぎてもきれいにソールの圧力を作り出してくれるチューニングになったのが2013モデルの特徴。そこはこれまでFULL CARVEに乗っている人でも2012モデルを乗っていた人が、2013モデルは、「マイルド」、「おだやか」、という印象に感じるかもしれませんね。2011モデルに乗っている人なら、高いグリップ力はそのままにスペックとレングスからイメージする回転弧を得やすいと思います。
乗り手にやさしさを提供するのではなく、FULL CARVEがやろうとしているターンのイメージを具現化するチューニングだと捉えています。強度に見合ったプレッシャーと動きで滑っていくことにより、ゆっくりマッタリと滑ることもできるし、速く滑ることもできるのでアマチュアレーサーはレースシーンでも使えると思いますよ。


2012モデルは体重がかかっていればきれいに曲がってくれるくらいしなやかなんだけど、ある程度の難易度の斜面やスピードだと、1本の線で曲がれちゃうんじゃないかと勘違いしかねない部分があったと思う。言い換えれば、「パワーカーヴ感」が得にくい面はあったと。
パワースライドさせようとすると、しなやか過ぎてノーズとテイルがグリップして回転力が勝ることがある。それが曲がりやすく感じる時もあれば、食いつき過ぎて扱いとして難しく感じる面もあったかもしれない。
2013モデルは、最初に乗った時に、「あっ、パワースライドさせやすい!」って思ったんだよね。それって減速させやすくなってるというか、FULL CARVEが本来得意としてきたところだと思うんだけど、その辺りの良さをFULL RACEにも加えたかなって思う。ただ、FULL CARVEだと極端に言えば真横にスライドさせながらゆっくり回したりすることも可能だけど、FULL RACE は必要最小限のパワースライド量で、ボードを前に前に進めてくれる。ボードがあるところまでしなったら、「それ以上は動きません」っていうチューニングが素晴しいと思う。


フローティングタイプのプレートの効果は、そこに立つことでプレートがたわむことで、面に重みがかかってから板を押すという動作に誰が乗ってもなるので、エッジに乗って押すのではなく、面の中を踏みつけてターンしていくってことが、プレートが2割くらいその動作のお手伝いをしてくれる。それと、「オートマティック リフトカンティングシステム」とも言える、雪圧が変化しやすい難易度の高い斜面状況でも、プレートがたわむ続けることで、自分が踏み込む足の入力角を変えなくて済む自動調整してくれる効果は素晴しいですね。
逆に言うと、プレートをたわませられる状態で使わないと全く意味がないと思います。注意しなければならないのは、ハードプレートを使って、バインディングの高さが上がることでエッジプレッシャーが強くかけられることだけで調子がいいと感じてしまうのは、フローティングプレート本来の性能を引き出せていないと思う。
プレートをたわませて、向かい角を作ることで推進力を生み出せることがこのプレートの特徴だし、プレートをずっとたわませ続けたまま逃がさずに滑り続けられれば、「面」を使ったライディングはしやすくなると思います。


copyright