SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



レースでもゲレンデカーヴィングでも、最高のパフォーマンスを発揮するための仕様となっており、
それは車で例えるなら、出来る限りムダを削ぎ落したフォーミュラーカーのようなもの。
例えば、トップシートはフレックスに最大限影響を与えない薄さでラミネートされています。

「レースカー」である以上、メンテナンスフリーの「公道仕様」のような扱いは、ボードの痛みを早め、性能を低下させることにもなりかねません。
その為に、お客様に少しだけ取扱いにご注意をお願いしたいのです。
こちらでご紹介させていただくような取扱いをしていただくことで、より長く弊社製品をご使用いただくことができ、
ボード性能を長く保つことが可能になります。

末永く弊社製品をお楽しみいただけますようお願いいたします。



全てのボードを出荷時に検査しておりますが、まれに、インサートに接着剤などが付着していることがあります。
バインディング装着前に、スムースにビスが入るか確認してください。万一違和感を感じられた場合は、ご購入店にご相談ください。
インパクトドリルを使用され、インサートをなめてしまうケースも報告されています。ご使用は自己責任となりますので、十分にご注意ください。




トップシートとサイドウォールの接点は軽い衝撃でも剥離する可能性があります。
混雑するリフトのりばで軽くボードが触れ合った程度と思っていたのに、リフトおりばで気づくと剥離していた、
というケースがあります。また、ゲートがノーズにヒットする衝撃は大きなものです。
このような症状が心配な方は、事前にトップシートとサイドウォールの接点をボード全周に渡って、サンドペーパーなどを使って角を丸くしておきましょう。角が落ちることで、接点にピンポイントで力がかかりにくくなります。




滑走後は、できればバインディングを外して水分を拭き取り、ボードの状態を確認しておきましょう。
バインディングをきつく締めて春までそのまま、というのではなく、毎回適度な締め具合でバインディングを装着することで、
インサートやボードに必要以上の負荷が掛からないようにしましょう。
また、ボードだけでなく、バインディングなどの状態も確認しておくことで、より安全な滑走をお楽しみください。




ブラケットのスライド部分を支えるボルトは滑走前に緩みがないか、必ず確認してください。
摩耗や緩みを緩和させるのに、ボルト部分や稼動部分に写真のようなコンパウンド剤を塗布しておくのもオススメです。
但し、これらは緩みや摩耗を完全に防ぐものではありませんので、必ず滑走前の点検をお願いいたします。


copyright