SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



Rider's identityセカンドピリオドは、「チャレンジ」をテーマに、
各ライダーがチャレンジしていること、チャレンジしてきたこと、を
お伝えしていきます。その中で皆さまへ参考となることや
ヒントとなることがあれば幸いです。

第一回は、今夏、斯波正樹と吉岡健太郎が
北海道から東京までロードバイクで走ったプロジェクトについて
二人がチャレンジした思いや、そこから得たものを正樹と健太郎の言葉に加え、
今回サポートスタッフとして帯同した二名からも、彼らを通じて感じた
プロジェクトや二人について語ってもらった





私たちの目標は2014年ソチオリンピックスノーボードアルペン種目において出場する事です。この目標を達成するにはW杯においてある一定の基準をクリアしなければなりません。その基準は決して簡単なものではないが、あと一踏ん張りで出場できる希望があります。そんな私たちが、様々な想いを持ち今回のチャレンジを企画しました。

●私たちが社会のために出来ること●
 2011.3.11未曾有の事態が日本を襲いました。それは我々日本人にとって、決して忘れてはならない事です。
 私たちに何が出来るか。スポーツを通して次世代のこども達に私たちの想いを伝えていく事、そして311を風化させない事。今まで私たちが競技生活をしてこられたのも、人と人とのつながりである「ご縁」、さらに陰で支えてくださり育ててくださった方々が居てこそでした。
 そこで私たちは北海道~東京まで約1500kmをロードバイクで縦断し、出会う人々とのご縁を大切に、その人々の、被災地の次世代を担うこども達に対する想いを集め、応援メッセージを311枚の短冊に込め、贈りたいと考えました。また、被災地以外のこども達にも、私たちがスポーツを通して学んだ心を伝えていきたいと考えました。あえて311枚という数字にしたのも、思い出したくはない数字ではありますが、忘れてはならない数字であるからです。
 この挑戦をする事により、今まで応援してくださった方々、道中出会う方々、そしてこども達がより笑顔になれる少しでものきっかけになりたいと願っています。
●「あきらめない心、挑戦し続ける気持ち」の共有を願って●



今回、僕がチャレンジしたことは短期間で1500kmロードバイクを漕ぐ、というのはもちろんですが、『自分の気持ちを相手にどう伝えればいいのか、どうすれば相手の耳にスッと入って行くか』、それを考える事も僕にとってチャレンジでした。
プロジェクトの日々をyoutubeで毎日動画配信することになり、スタートとゴール地点で簡単なコメントをすることになったのです。(動画はこちらからご覧になれます→
普通の会話の中で話すのとは全く別もの。はい、どうぞとマイクを渡されて話すということがどれほど難しいか、今回のプロジェクトで改めて感じました。
最初はカメラに向かって話すということが本当に難しく、緊張して何を言ってるのか自分でもわからなくなっていました。でもそれは…、これをこうやって話そうと自分で思い描くから、緊張したり、かんだりしてしまうんだと気づきました。
僕は感覚派です。準備周到な頭脳派ではないということは、自分でもわかっています。
ならば、ポイントだけちょこっと考えて、あとのことはその時の感情や雰囲気で話そう。それを実行してから少しは話せるようになりました。
でも、それではダメだということに、その後気づきました。色々なご縁があり、道中に2つの中学校で講演させていただきました。僕にとってそれは初めての経験。これが僕にとって大きなチャレンジでした。カメラに向かって話すのは撮り直しができますが、講演は一言一句が本番。
そんなプレッシャーの中、僕が話したかったことは2つ。
『夢を持つ素晴らしさ』、『出会いは財産』、それをしっかり中学生に伝えようと思いました。いざマイクを持ち、話しはじめると、想像していたよりスラスラと話す事ができました。気持ちや言いたい事は伝わったし、途中の冗談もウケたし、子どもたちも喜んでいたので勝手に1人で満足していました。
1回目の講演が終わり、サポートスタッフの森さんと青木くんと反省会。
そこで良かった点は僕が感じていたのと同じこと、その反面、反省点が山ほどありました。反省会で出て来た点。
問題その1:話に起承転結がまるでない
  その2:与えられた時間(授業時間)に収まっていない
  その3:学校では相応しくないワードを言う

満足している場合じゃないし、次の講演に向けてベストを尽くしたい、成長したいと思いました。
感覚派を卒業し、頭脳派へ、足を一歩踏み入れようと決心しました。
次の講演に向け、より具体的に構成を考えて話そうと思いました。
同じミスは2度としたくないので、僕なりに必死に考えました。
その甲斐あり、2度目の講演では2人から成長したと言われました。
今回の企画の喜びの1つでした。
中学生と触れ合って思った事は、みんな真っすぐな夢を持っているということ。ただ、その夢に向けて何をすればいいか、まだわかってない子もいるのかなぁ、って思いました。今はわからなくても、わかるときまでその素晴らしい夢を忘れないでチャレンジして欲しいと思います。この企画を通して、たくさんの方に出会い、たくさんの想い、そしてエネルギーをいただきました。短冊を書いていただいた皆様、僕たちのこの企画を頑張れって応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
1500kmという簡単ではない距離を走りきることで大きな自信にもなりました。
今年は僕にとっての正念場です。
ベストを尽くし、前進して行きますので見ていてください。
吉岡健太郎



今回のテーマである、【諦めない心、挑戦し続ける気持ち】、という言葉が私の心を強く打たれ、参加することを決めました。
私の所属するネミーグループは社員数が増え、若手〜中堅〜ベテランといった大きな組織になりつつあります。大きな組織となり、更なる大きなネミーグループへ進化してしていく為に、何が必要なのかを私なりに考えました。
先ずは大きな組織になりつつある、ネミーグループ全ての社員のベクトルを併せることが大事なのではないかと気付くことができました。その中で、新たに私が今回の企画に参加する為に掲げたテーマが、【共感〜一丸へ】というテーマです。
今回の企画を通じ、ネミーグループ全社員が【共に応援し、共に協力し、共に感動し、共感出来る事で全員が一丸】になることを願って、このテーマにしました。
又、【諦めない心、挑戦し続ける気持ち】をテーマとした、アスリートの目線というものを私自身が肌で感じ、社員に伝える事が、今後のネミーグループに必要な事だと感じました。(私自身が感じたこと、変われたこと)
オリンピックを目指している斯波君、吉岡君の努力は人並みの努力では決してないと思います。私自身、二人の様な夢を目指している人の本当の努力を、今までした事がありませんでした。
実際に参加させて頂き、朝から晩まで二人と同じ生活をしていく中で様々な事を感じ、学ぶことが出来ました。中でも印象に残り感じた事、私自身が変われた事は3つ御座います。
1、ご縁の大事さ(感謝)
2、固定観念に捉われないこと
3、夢を想う堅い気持ち
です。
なぜ二人がオリンピックを目指すのか、なぜご縁を大事にするのかを本当に考えさせられました。
私自身、夢があります。
その夢に向かって、今後新しい道へ進んでいきますが、二人から学んだ3つの事を忘れず進んで行きたいと想います。
最後に、今回の企画を通じて、ネミーグループ全社員一人一人に【夢】をメッセージカードに書いて頂きました。皆さん、しっかり夢を書いて下さり、ネミーグループ全員で皆の夢を共有することが出来ました。今回、私が掲げたテーマ【共感〜一丸へ】のもと、社員全員で想いを共有することができたと感じています。ネミーの社内雰囲気も以前に比べ大きく変わりました。
これも、二人の想いがあったから出来たことです。
本当に有難う御座いました。
今回、携わった頂いた全てに方々に感謝しております。
今後も、長い長いお付き合いお願い致します。
青木 佳祐



あっという間に、8月20日から9月5日の縦断企画1500kmが終わった。
実はロードバイクを始めたのは本プロジェクト開始の一ヶ月前で、一気に1500km走ることは少し無謀な挑戦でもあった。しかし、7月末に北海道で健太郎と行った本プロジェクトの事前合宿で、ロードバイクを購入した次の日とその次の日に230kmずつ走ったことが自信となって、縦断中はキツい日もあったが問題なく進むことが出来た。
 本プロジェクトを企画したのは企画開始の前の月、7月頭だった。企画の趣旨でもある想いや、世界で戦う強靭な体力をつけたい、それらの想いだけで、思い返せば見切り発車から始まった。もちろんプロジェクトには大きな予算も必要で、先導車のドライバーやカメラなどのサポート隊員も必要だった。想いを伝えて賛同を得ようとする時に、多くの人に「来年の8月20日からだよね?」と聞かれた。「来月です」と答えると、皆驚いていたが、ありがたいことに皆協力してくれた。
 僕はこのプロジェクトを進めるにあたり、はじめにこうイメージしていた。『自分の為だけの競技活動にしたくない。今まで僕を育ててくれたスポーツを通し、社会に恩返しをしたい。その為にこのプロジェクトを必ず成功させる。プロジェクトが開始する日には今よりも一回り人間的に成長しているだろう。そしてプロジェクトが終了する日にはもう一回り人間的に成長しているだろう。そして体力的にも成長しているだろう』。 
 このイメージは、見事に的中した。プロジェクトを準備するにあたりアドバイスをもらったり、協力をあおいだりした。SGジャパンと、僕の所属先企業であるネミー株式会社にお願いをし、プロジェクト期間中に帯同する応援隊員としてモーリーさんと青木君に来てもらうことができた。企業にとって大切な人材を派遣してもらうということは簡単なことでは無いと感じたとともに、とてもありがたいことだとも感じた。トレーニングと平行し、時間が無い中でのプロジェクト準備は大変な部分も大きかったが、本当に多くのことを学んだ。そして、スタート当日。健太郎の地元、北海道上富良野町を挙げての出発式。多くの方々にあたたかく見送られ出発することが出来、僕はこのプロジェクトを進めてきて良かったと心から思い、そこから始まる長い道のりへより一層のやる気が湧いてきた。
 道中秋田県で、短冊を書いてくれた一人の女性がいた。その女性に想いと趣旨を話すと、感動して涙を流し、想いを短冊に綴ってくれた。この想いを是非次の世代のこども達へとつないでください、と。僕はその光景を見て、このプロジェクトはとても意味のあることだと確信し、逆に僕たちが勇気づけられ温かい気持ちになった。必ず走り切って多くの人々から集めた想いを繋げていこうと胸に誓った。
 今回のプロジェクトは、僕にとって大きなチャレンジだった。毎年、夏場は計画を立ててトレーニングをしているが、極端に言うと、大会等は無いため必ずこの日までにここまで結果を出さなければならない、ということは無い。しかし十年以上競技を続けてきた今、何か夏場にも、もっと自分にプレッシャーをかけて過ごしていきたいと思っていた。このプロジェクトはその点に於いて、初めてのロードバイクであること、出発前までに準備を終わらせ、途中決まった日にちに中学校に寄り講演をし、最後は決まった日にちにゴールをする。良い意味での大きなプレッシャーとなった。それらを全て達成出来たことに自信を持った。
 このプロジェクトは無事にゴールすることが出来た。また、先にも書いたようにこのプロジェクトは大きなチャレンジでもあった。しかし、僕にとってのゴールはまだまだ。チャレンジもまだまだスタートしたばかりだ。今回学んだこと、それは・・・「やりたいことが出来る喜び、そして、やりたいことをさせてもらえる幸せ」である。SGJapanの杉本社長、そしてネミー株式会社の根上社長に今回の想いと趣旨のお話をさせて頂いた。そしたら、「安心して思う存分やってください、バックアップします」と、本当に温かいお言葉を頂いた。僕は、なんて人間的に大きな器を持っている人なのだと、心から感動するとともに尊敬をした。根上社長も杉本社長も、今までに様々な悔しい想いや苦しい想いを乗り越えて、様々な達成感を味わってきたのだろう、だからこの様に大きな心の器で僕たちにゴーサインを出してくれたのだろう。心からそう思った。
 将来、僕も根上社長や杉本社長のような大きな心の器を持って下の世代を育てられる人になりたい。何かをしたい、と相談されれば、何も心配するな、バックアップする。と言える人になりたい。そう思った。その為には、今僕が目指すべきところに全てのエネルギーを注ぎ、様々な試練を乗り越えて達成しなければならないと思う。そうすることにより、心技体が磨かれ僕が目指す人間になることが出来ると思う。だから僕は、今僕が目標とする「ソチオリンピック出場」を全身全霊で達成する。
 僕のチャレンジはまだ始まったばかり、ゴールもまだまだ先である。

斯波正樹



7月上旬にフランスでトレーニング中の正樹と健太郎から、自転車で北海道から東京まで走る企画をやりたい、というメールが届きました。しかも、企画の実施は来月(8月)という内容。
おかげで僕の夏の予定はすべてキャンセル。今夏のすべてを正樹と健太郎に注ぐ、思い出深い夏になりました(笑)。
彼らの素晴らしいところは、物怖じせずにこうと決めたら突き進んでいこうとするところ。勢いがあり、行動力があり、結果を考えずに前のめりに行こうとするところだと僕は思っています。しかし、それは長所である反面、気をつけなければならないところでもあるのです。
皆さんもご存知の弊社、シギー・グラブナーとも話すことがあるのですが、「日本人のトップライダーは、スノーボードの滑走技術で世界のトップクラスと遜色ないレベルだと思う。足りないのは、レースで勝つためのクレバーさ。“勝ち方”を知らないからではないか」、という話題になることがあります。
僕自身、約20年前にヨーロッパのチームでアシスタントコーチをしており、その当時の世界トップクラスのライダーたちと寝食を共にし、シギーの言う“勝ち方”を間近で見てきた者として、大いにうなずけるところでした。身体的なスノーボードのテクニックはもちろん重要ですが、それだけでは勝てないということです。簡単に言うと、日頃トレーニングしてきた成果をレースで存分に発揮する為の「訓練」がどれくらいできているか?、というところが、レースの結果として大きな差として表れてきます。
正樹と健太郎にとって、ここが大きな壁になっていると僕は感じています。勢いだけで勝てるのは、せいぜい国内のレースまで。そこから上はツワモノばかりです。自分の力をどんな状況下でも出せる者がファイナリストとなり、メダリストとなります。雪がガチガチのアイスバーンだろうが、グズグズだろうが、速い者はたいていどこで滑っても速いのです。それは、フィジカルやテクニックを闇雲に出せばいいのではなく、その時の状況を見抜いて、その時に必要なフィジカルやテクニックを的確に出せるからです。
正樹と健太郎には今回のプロジェクトを通じて、状況を見抜いて的確な判断が下せる訓練を積んで欲しいと願っていました。
ざっと平均して一日あたり100kmの距離を自転車で走ります。毎日知っている同じ道を100km走るのとは違って、毎日初めて走る道で、毎日違う道を走らなければなりません。自転車でなくても、毎日知らない道をクルマで走るとしてもその大変さはわかっていただけるのではないでしょうか。このような環境は二人にとって、状況を見抜いて的確な判断を下せる訓練ができる、またとない機会でした。
ところが最初の数日は、フィジカルだけにモノを言わせ、道もろくに調べず、どの程度の高低差があり、天候や気温の予想で、どのようなペース配分を行えばよいのか、といったことをあまり重要に思っていなかったようです。僕に言わせれば、インスペクションもろくにせず、レースに出るようなものです。違う見方で言えば、自分がやってきた努力や応援いただいた皆さんのご協力を無駄にするようなものです。前述したような、日頃トレーニングしてきた成果をレースで存分に発揮する以前の状態だったのです。
しかし、日を重ねる毎に、準備の大切さ、これまでの皆さまからの温かい励ましや応援を、今日の成果として発揮することの大事さに二人が気づいていくことを、側で見ながら感じていました。
その一端を、彼らの文章からも感じ取れるように思います。
この経験を今シーズンの雪上で、大いに発揮してくれることを期待したいと思います。
また、これを読んでいただいた皆さんも自分に置き換えてみて、参考になるところがあれば取り入れてみていただければ幸いです。

前のめりな正樹と健太郎ですが、二人の人を思いやる気持ちや、やさしさに道中多くのことを学ばせてもらいました。彼らの心が通じて、道中多くの方にメッセージを頂き、応援を頂き、勇気を頂きました。
このような機会を与えてもらった正樹と健太郎に感謝しています。
最後になりましたが、正樹と健太郎に、“勝ち方”を学ぶ機会を与えてくださった皆さまに感謝いたしますと共に、引き続きご声援をいただけますようお願い申し上げます。

molly/SG Japan


斯波正樹+吉岡健太郎 想いを集め、心をつなぐロードバイク北海道〜東京縦断
Facebookページ
/ youtubeチャンネル

道中で頂いたメッセージはNPO法人SKIP様の下記サイトよりご覧いただけます。
http://sports-kids.jp/roadtrip/




copyright