SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



みなさんの周りで、最近スノーボードを始めたよ、
っていう人はいますか?
または、自身でスノーボードを始めようよ、って
誘ったことってありますか?
片山雅登と共に、みんなでスノーボーダーを増やすことに
チャレンジしてみませんか?


この企画を聞いた時に、最初は「初めての◯◯」について書こうと思いました。
例えば「初めての手打ちうどん」とか、「初めての座禅」など・・・。
でもなにか違う。せっかくのチャンスを、「◯◯やってみました」で終わらせるのはダメだなと。

自分にとってChallengeとは?
やはり、「スノーボードに対するChallenge」。
自分のスノーボードを通じたこれからのChallengeを知っていただければと思います。

自分はプレーヤーとしてデキ過ぎなくらい、「やりたい事」は達成してきました。
たくさんの仲間にも恵まれ、スノーボードで立てた目標も実現することができました。
スノーボードへの想い、これからのChallengeは、「スノーボーダーを増やす」につきます。

誰もが望んでいる事であり、これまでも取り組んできたことですが、実現するのはなかなか難しい・・・。そこで、自分が考えている事を皆さんに知ってもらうことが、このChallengeに繋がると信じています。



自分はこの3つのキーワードが実現できれば、スノーボーダーを増やす事が実現できるのではないかと考えています。



この記事を読んでいただいている方の大半は、ここに分類されると思います。
まもなくシーズンイン、ワクワクして楽しみで仕方がない、なんとも言えぬ高揚感に包まれているのではないでしょうか?
既存ユーザーはスノーボードの素晴らしさを知っています。このユーザーがスノーボードを続ける事が、次に続く「再開」、「獲得」に必要不可欠です。既存ユーザーは、自身の技術向上が何よりのポイント。そして、それを実現するために必要不可欠なのが仲間です。最近のスノーボーダーは沢山の仲間がいてみんなで上達する、そんな方が多くなっています。いわゆるセッションってやつです。楽しいセッションがあれば「継続」は間違いないと思います。



「昔はやってたけど・・・。」、最近よく聞くフレーズです。あなたの周りにも沢山いるのではないですか? 仕事や子育てなどで雪山から縁遠くなってしまった人、雪山の楽しさを知っているからこそ、誘えば再び雪の上に立ってくれます。たとえ昔のように滑れなくても、家族や仲間で楽しむ雪山は、昔と違った感動があります。仲間との「再会」は、スノーボードの「再開」という素晴らしい結果をもたらすと思っています。ぜひ、そんな仲間が周りにいる方は、友達を「再開」へと誘ってみてください。


スノーボード未経験者にとって、「最初の日」はスノーボードが「Yes」なのか、「No」なのかを決める重要な一日です。もし「最初の日」が最低の一日だったら・・・。ビギナーは「No」という選択を選び、スノーボードを二度としてくれないでしょう。そのためにもスクールを利用して下さい。ビギナーを教えることは簡単そうですが、とても難しい大変な事です。週末のゲレンデには、友達や彼氏に教えてもらう方をよく見かけます。残念なことに、大半の人がスノーボードに苦戦しています。教える方も・・・。「スノーボードが上手い=スノーボードを教えられる」ではありません。ぜひスクールを利用して下さい。最初の日を最高の一日にできれば、新たなスノーボーダーが誕生する事は間違いありません。

現状では自分の3つの活動量は、継続 > 獲得 > 再開になっていると感じています。
この活動量を、継続 = 獲得 = 再開とバランスを保っていく事と、この活動自体を既存ユーザーに知ってもらう事が、自分の最もやらなければならない事だと考えています。毎年5月に、SGライダーが全員揃ってミーティングをします。自分はそこで、「スノーボーダー増加のために」というテーマでプレゼンテーションをします。ライダーの活動のほとんどは、既存ユーザーに向かっています。「ライダーこそ休眠ユーザーや、新規ユーザーに働きかけて欲しい」、そんな思いを伝えています。工藤英昭プロは自身のお子さんに、小北聖子プロは親戚の子供、大森厚毅プロも友達を誘って、初めての日を最高の一日にしたようです。小さな一歩かもしれませんが、こんな活動が重要で、着実にスノーボーダーを増やし、自身のファンをも増やしていきます。映像や大会リザルト、キャンプも大事かもしれませんが、それだけではスノーボーダーは増えていかないのです。

シーズンに入ると、スクールで指導してきた子供たちが、「プロになりたい!!インストラクターになりたい!!」、と言ってくれます。こんな子供たちの夢を実現するために、自分のできる事にChallengeしていきたいと思います。

「スノーボーダーを増やす」
子供たちの夢のために・・・。


copyright