SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



トレーニングでメンズサイズの
ロングボードに乗る木村桂子
それは、単に男勝りなテクニックが
彼女にあるワケではなく、
そこには女性ならではの合理的なチャレンジがあった



「Challenge」ってワードは、よく使われる単語で人を育ててくれる言葉ですよね。そして、自分も楽しめる。
辞書で意味を引けば、挑戦すること。困難な問題や未経験のことに取り組む、などが出ます。
今回のテーマ「challenge」と言う言葉で、私に当てはまるスノーボードとゴルフで挙げてみたいと思います。

スノーボードでは、ロングボードが私のchallengeでした。
Men’sクラスが使用するサイズ、SGでは185/180ですね。
レングス(長さ)はもちろん、ウエスト(幅)もあります。だから女子にはもちろんパワーもあります。
SGのショートボード163も女子にとってはウエストが太くパワー感もあります。

そんなサイズは女性が手にしないかもしれません。使える環境(ゲレンデ状況)も限られると思います。
私がレースで使用しているボードサイズは、GS種目で175、SLでは157。
でも、自分の練習やフリーライディングでは180/163を愛用しています。
SGのボードは私が使用している175/157はレースなど決められたコースで使用するには十分なパワーがあります。女性がレースで180/163と言ったサイズではパワー負けしてしまうかなと思います。


ではなぜ難しいサイズに?! 
このようなサイズを乗ったら乗せられてしまう、ボードコントロールを全く自分でやれてる気がしない。そしてターンにならない、などがあると思います。
でもこう言った難点は、意外とロングボードだけに言えることではなく、ショートボードでも同じ現象が出ると思います。ショートボードはレングスが短いから安心と思っているだけ、実際滑りは暴走君だったり、ターンが直線的なRだったりしていないですか?
私自身にもそんな経験があり、ロングターン・ショートターンでも、もっとカービングターンにしたくて、ロングボードに乗るようになりました。今までの自分の滑りと比べたら、ターンの始まりと終わりがわかる。ターン中にやるプレッシャーのタイミングの遅さがわかる、ボードの面を感じられるなど、ターンについてすごくわかります。
良いポジションでボードコントロールしなければスピードが出過ぎて、落とされてしまいます。
これがもし、ショートボードでターン前半にしっかりプレッシャーをかけきれずに直線的なターンで滑っていたら、ガンガンスピードが出て、いつぶっ飛んでもおかしくない状況になりますもんね。

Men’sの場合はいざとなった時、リカバリーするのに筋力でねじ伏せることが出来るかもしれません。
でも、そんなパワーが限られている女性はありったけの筋力とバランスを見方につけてのリカバリーになります。
なら、ミスを減らすには、リカバリーする回数を減らせれば良いと・・・。
やはりボードコントロールを身につけ、自分の身体をきちんと使ってパワフルに滑りたいと思い、メンズサイズのロングボードに乗っています。そして乗れるようになると、今までとは違ったライディングが自分でも体感出来るようになりました。
やっぱり、スノーボードはカービングしている時が愉しいです。
しっかり乗り込めると愉しさ倍増です!


もう一つはゴルフ。
ゴルフにはレディースティ(赤)、シニアティ(ゴールド)、レギュラーティ(白)、バックティ(青)とコースの距離が違います。
私はいつもレギュラーティから打ちます。
レディースティからで全く問題ないのですが、レギュラーティから挑戦したくなります。
難しくなるのは十分わかっています。スコアも悪くなるのはわかっています。
以前、私が好きなプロゴルファーでアニカ・ソレンスタムと言う女子選手が男子のツアーに出場しました。
凄いことだと思います。それこそ男子とは飛距離などが大きく変ります。でもその難しく厳しいことに挑戦した彼女がかっこよかったんです。女子プロの試合も大体レギュラーティからやって、パープレイが当たり前、バーディを何個取るかで勝利が決まる。ゴルフの場合はただ挑戦してみる!!、と思い、レギュラーティから打ちます。


挑戦は、失敗を恐れていては出来ないことです。
練習は、どんどんchallenge出来る良い時間だと思っています。
私は、一人ではなかなか「challenge」することは出来ないと思います。

だから私は、私のcampやレッスンに興味をもって参加して頂く方には、ぜひ心を開いてchallengeして欲しい気持ちでいっぱいです。一緒に頑張る人がいると心強いですよね。挑戦して失敗ばかりだと心が折れちゃいますもんね。
私もそうです。仲間がいるから頑張れる!
良いライバルがいるとchallengeも出来る。
今シーズンも私は沢山challengeしていきますッ! 

Keiko kimura


copyright