SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



先シーズンご好評をいただきましたライダーの素顔に迫るRider's Identity
今シーズンは、「ライダーが大切にしている事」、「ライダーがライダーを語る」、
「ライダーの夢」、「ライダーが影響を受けた人」について語ります
第一回目は、先シーズン限りでプロレースを引退した工藤英昭が大切にしていること

昨年、この企画で引退を発表し、充実したシーズンを送り、締めくくりました。プロ登録20年、最終年のランキングAL4位。
まあまあだと思います。


昨シーズンは、初心に返り、オフトレーニングも真剣に、取り組んでシーズンインしました。ヨーロッパでトレーニング中に、ギックリ腰に、なってしまったのが残念でした。
滑りの調子が一番上がって来た時だったので、日本でのシーズンが1か月程静養が必要で滑れなかったのは悔しいところです。それから徐々に調子を上げていき、何とか大会までにはまともに滑れるようになりました。
すべての大会当日、早起きをし、ランニング・ストレッチをして大会へ挑んだ。もちろん、体は動くし、体調も良く、悔いの無いツアーを回れました。
プロ昇格後は、こういった行動を習慣にしてきましたが、いつしかしなくなりました・・・。
慣れ?
モチベーション?
勝負へのこだわりが無くなったのか?
20年間変わらず出来ていたら、もっと勝ち星が増えたと思う。だらだらとプロを続けるより、初心に返り、ルーキーの気持ちで20年目のツアーを回れて良かったと思う。やはり、プロとはみんなの憧れの存在でいなければならないと思う。
現在では、高額な板・ブーツ・バインをスポンサーして頂き、その道具の良さを滑りで見せ、結果へつなげる。
カッコイイウェアーやゴーグル、ヘルメットを身にまとい、スタイリッシュに滑り、注目をあびる。そのスタイルや人柄でスポンサーが付き、もっとカッコイイ存在になる。
プロとは、何の競技でも憧れの存在でなければいけないと思います。
人それぞれ考え方や取り組み方は違うと思いますが、そんなライダーが増えたら、この業界はもっともっと盛り上がると思います。



先シーズン最後のプロ戦「King"KUDO"FINAL Cup」
まさか、自分の名前が大会名になるなんて・・・。
はっきり言って、恥ずかしいにもほどがあるって思いましたが、最後なので気持ち良く受け入れました(笑)
前日にはパーティーも開いて頂いて、家族で参加!本当にスノーボーダー冥利に尽きました。これも、立ち上げから企画運営までやっていただいた、吉岡健太郎とライオンアドベンチャー、協賛各社が無ければ、実現しなかった大会。
そして急な開催で、平日にも関わらず、エントリーしてくれた選手達。スノーボード仲間に支えられ、家族に支えられ、スポンサーに支えられ、幸せなプロ人生でした。
こうやってプロ昇格後20年をふりかえると、スノーボードバブル期から始まり、良くここまで職業としてやってこれたと思う。本でも出したい気分です(笑)
裏話ですが、私も雫石スキー場か安比高原でプロ戦を企画していました。菅平のプロ戦が大雪でキャンセルになり、どうしても、もう1戦大会を開催したくて企画しましたが、予算や様々な事情で実現には至りませんでした。
偶然にも、健太郎が白馬で同じ様にプロ戦を企画していたので、私の集めたスポンサーを白馬の大会へ協賛して頂き、実現へ至った経緯があります。
もちろん、予想以上に協賛が集まり、昨シーズンのプロ戦では一番豪華な大会になりました。初めての試みでしたが、みんなで力を合わせれば素晴らしい大会が出来る事を証明できたのではないかと思います。

今後は、大会・キャンプ・Jr育成など、色々とやりたいと思います。まずは、アマチュアに戻り(心はプロ)、やり残した事をやりたいと思います。

20年間、本当にプロスノーボーダー工藤英昭を応援して頂き、ありがとうございました。
アマになっても、変わらず応援よろしくお願いします。

一生スノーボーダー 工藤英昭


copyright