SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



かなり保守的な考えの持ち主である私が悩んだ末にスノーボードの道を歩み
さらに私の背中を押してくれた人との出会いがあって今の私がある

8年前まで、地元福井でシステム開発の仕事をしていました。
当時のSEという職業柄、残業や休日出勤が多い事に加え、担当していた仕事は特に冬に忙しくなることが多く、学生のころに始めた趣味のスノーボードとの両立ができませんでした。
「このまま続けたら将来後悔するだろうなあ」。
かなり保守的な考えの持ち主である私が、数年悩んだ結果、一大決心をして7年近く勤めた会社を退職しました。
「今まで出来なかったスノーボードを思いっきりやって、数年経ったらまた普通の会社員に戻ろう」と決めてのことでした。
生まれも育ちも福井、大学も自宅から歩いて通える距離にあり、地元で就職した自分にとって、初めての大きな決断でした。


冬はスキー場で仕事をしながらインストラクターの資格を取得したり、スノーボードの大会に出場したり。夏は南半球のニュージーランドで数カ月間雪上トレーニングをする生活。海外でも仕事ができるように、かつ、履歴書に空白ができないようにと、海外のスノーボードインストラクター資格取得も行いました。

それから約3年。デモンストレーターになり、プロ資格も取得したのですが、当初の予定通り「そろそろスノーボード中心の生活をやめて社会復帰しよう」と考えていました。
そんなとき、今の職場の先代の社長と偶然の再会がありました。今の職場は以前SEをしていたときに業務システムの開発を担当していたお客様でした。SEを辞めてからも、当時の職場の先輩や上司とは交流があり、福井に帰るたびにスノーボードでの活動を報告していました。そのことから、先代の社長にも私のスノーボードでの活動内容が伝わっていました。

とてもありがたいことに、オフシーズンは現在の職場で働かせていただき、冬にはスノーボードの活動をさせていただけることになりました。 先代の社長は「うちのシステムをわかっているのだから、こちらにもメリットがある」と言われていましたが、スポーツが好きで、見返りなしに他人を応援することが好きだった社長の本心ではなかったように感じました。
かなり保守的な私が、デモンストレーターやプロスノーボーダーとして活動を続けることができたのは先代の社長が私の背中を押してくれたおかげです。

何の見返りもなく私の活動を応援してくれていた社長に感謝し、自分なりに心がけたことは、SEとしての知識や経験を活かして少しでも職場に貢献することと、スノーボードを一生懸命頑張ることです。 
以前から「社長には足を向けて寝られないくらい感謝している」と周りの人にはよく言っていました。
結局、本人にはその気持ちをはっきり伝えることはできなかったのですが、社長への感謝の気持ちは自分にとって今も最も大切にしていることです。

小北聖子


copyright