SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



ソチオリンピックに最も近い男と思われていた しかし、オリンピック出場は叶わなかった
さらに4年後を目指すことを決意したとき、同じことを繰り返さないために
斯波正樹が感じ始めた「気づき」とは、

2010年、僕は4年後のソチ五輪に向かっていた。しかしながら五輪シーズンの昨季、僕はうまく調整することが出来ず、自分の力不足により出場することが出来なかった。

「もう、スノーボードを辞めるべきか」、それとも
「このまま、スノーボードを続けるべきか」
大きな葛藤が続いていた。

物ごとを辞めることは一番簡単だと思ったこと。そして、まだ自分はやれるのではないかという想いが心の片隅にあり、もう一度奮起をして選手を続けることにした。
しかし、このまま同じ流れで続けていったら、同じ結果になってしまう、とも思った。

生まれ変わろう。

そう心に誓った。では、まずは何を変えていこうか。滑りに対し物理的に直接影響を及ぼす道具を見直してみようと考えた。シーズンの途中ではあるが、ボードはSGブランドのままで、ブーツはUPZに、プレートはSGプレートに、思い切って全てを変えてみた。そしたらなんと、頭の中にある滑りのイメージにどんどん近づき、滑りの調子がみるみる上がっていった。

やはり、新しい道具に変えたことで、ゲート内のタイミングに慣れる時間が必要だったが、2014年3月1日オーストリアで開催されたFISポイントが最大(500ポイント)となるヨーロッパカップで優勝することが出来た(ワールドカップのひとつ下のカテゴリーになるが、日本人男子が優勝したのは史上初)。

結果がやっとついてきて、ほっとした。そのとき、明確な言葉が頭の中に降ってきた。


「こだわりを捨てれば、本質が見える」

こだわりを持つことによって、自分の成長を阻害してしまうことがあるのだな、と身をもって学ぶことが出来た。今までは、「この道具が良い」、と明確な根拠もないまま思い込みで使い続けてきていた部分があった。

こだわりとは、ちょっとしたことに必要以上に気を取られる、気持ちがとらわれるという意味であるようだ。道具などの物以外にも、自分自身の生きる姿勢、目標達成に向かう姿勢、人との接し方、などなど、全てにこだわりを捨てようと思った。

生きる姿勢、目標達成に向かう姿勢、人との接し方に関してこだわりを捨てるということは、自分の中ではこう消化することにした。

自分の中にある邪念を取り除き、より純粋な気持ちで、物ごとを見つめ、その物ごとと接し、また、その人と接することかな、と思った。こうでなければならない、と思うから、自分に向き合わなければならないところで、外側に目と心が行ってしまうのだと思った。

これからも、「こだわりを捨てれば、本質を見える」、という気づきを大切にし、心技体、用具、すべてを充実させ、目標達成の為に頑張ります。

斯波正樹


copyright