SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



子供だったスノーボーダーが大きくなって学生になり学生はやがて社会人となっていく
スノーボーダーということは変わらないけど、環境が変われば
スノーボードとの関わり方は変わっていくもの
社会人となった大森厚毅が身をもって感じたこと



昨年の春、大学を卒業し、社会人として1シーズンを過ごしました。
そこで感じたこと。それは「滑れない!!」ということです。
もちろん社会人になる前から滑走日数が減ることは分かっていましたし、練習量が減り、今までのようには滑れないだろうという気はしていました。しかし、想像以上でした。私のしている仕事は土日祝が全て休みなので、週末は滑りに行けます。出来るだけ滑りに行こうとはしていましたし、週末開催される大会には全て出場するつもりでした。大会にはそれなりに出場しましたが、通常の練習は10日も出来ませんでした。社会人ボーダーをされてきた方にとってはそれが普通なのだと思いますし、どちらかというと滑っている方なのかもしれません。
しかし、今までシーズン中、フルに滑ってきた私にとっては衝撃的でした。これまでは、シーズン初めの何日かは感覚を取り戻すようなイメージで練習し、そこから自分のすべりの課題を克服していくように練習していました。大会が近づくと普段より滑る本数を減らし、体に疲れを貯めないようにしていました。その感覚をもったまま、先シーズンを過ごしたのですが、全く思うように行きませんでした。まず、まとまった日数を滑ることがないので、感覚を取り戻せない。そして調整もできないので、自分の滑りのコンディションが全く掴めませんでした。そんな状態のまま、気がつけばシーズンが終わってしまったというのが先シーズンでした。

そういった事もあり、私は今シーズンプロ登録を辞めました。このまま続けていても良い結果は残せないし、それならプロでいる必要はないと感じたからです。
 これからは大会に出られない分、何かスノーボード業界に貢献できるようなことをしていきたいと考えています。また、来シーズンからはJSBAの大会にも出場する予定ですので、楽しみにしておいてください。
最後になりますが、今、社会人をしながらスノーボードをされている皆さん、本当に尊敬します!そして、学生や選手として活動されている皆さん、「今」滑っておかないと本当に滑れなくなります!時間はあるからとサボったりせず、真剣に取り組んでください。
社会に出て週末滑りに行くと、休日はなくなります!(笑)「昨日までがっつり滑ったから今日はオフ!」、みたいなことはできません。オフは滑りに行った日です!このことを忘れないでシーズン楽しんでくださいね。

 


copyright