SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



「頑張ります!」、とまでは誰でも言えること
なにを、いつまでに、どのようにして、がんばるのか?小北聖子の頑張り方

こんなことを書いていました、
『スポーツ経験がほとんどなく、競技としてスノーボードを
始めたのが30歳を過ぎてからと、経験年数もかなり浅い方だと思います。普通に考えたら、ベテランの先輩たちや若くて体力のある選手達と競えるわけはないと思ってしまうのですが、なにごともやってみなければわからないという考えのもと、あきらめず、プロスノーボーダーと仕事の両立を目指して日々トレーニングに励んでいるところです』、と。

その後の私はなにごとをやってみたのか、昨シーズンを振り返ってお伝えしてみたいと思います。
まず私が考えたことは、「周りの選手もプロとして一生懸命頑張っている中、なんのアドバンテージもない私がレース成績を上げるために何をすべきか?」

私なりに考え、特に意識したことは2つの事です。

1. フィジカルトレーニングに力を入れる
2. 自分の性質を自覚して効果的にトレーニングする


1.に関して、もともと体力のない自分の欠点を補うためにオフシーズンからのトレーニングに力を入れました。
ロードバイク、ウエイトトレーニング、ヨガ、エアロなどをバンス良く取り入れたのですが、中でも数年前に始めたロードバイクトレーニングには一番力を入れ、多いときには月に合2000km走ったり、富士山の裾野を一周しながら、5合目までを3本上るという、距離210km、累計獲得標高5,400mのルートを一日で走りきったり、度が過ぎるくらい頑張りました(笑)
【ふじあざみラインからの五合目】

【第11回 Mt.富士ヒルクライム種目別2位】

結果、国内最大級のヒルクライムレースで表彰台に上がってしまうほどの力が付きました。 雪上シーズンに入ってからも、雪上トレーニングの前後に、ローラー台でロードバイク室内トレーニングを行い、道路の積雪がなくなってからは近くのスキー場などにも自転車で走りに行くなど、出来る限りトレーニングを継続して行いました。
【菅平高原から湯の丸高原スキー場まで自転車で往復】

しかし、いくらトレーニングをしてもスノーボードのレース結果に直結しないところがこの競技の難しくて面白いところです。そこで考えたのが2.の「自分の性質を自覚して効果的にトレーニングする」ことです。

<競技を一つに絞る>

元々、テクニカル競技(基礎スノーボード)を先に始めた経緯もあって、そちらも継続しつつ、レース競技と両立していこうと欲張っていましたが、不器用な自分が今まで以上に成績を上げるために、初めてレース競技一本に絞ることにしました。

<VAK(五感)タイプを意識する>

「Visual(視覚)」「Audio(聴覚)」「Kinesthetic(触覚/運動感覚)」の3つのタイプの中で、自分は視覚優位系(V)のタイプです。今まではひたすら滑りこんだり、人からのアドバイスを聞いて実践したりすることも多かったのですが、身体を動かして物事を覚える事や、言葉で学ぶ事が得意ではないタイプである事を自覚し、視覚から得る情報を最も優先する事が、今の自分にとってより効果的だと考えました。雪上トレーニングは以前より集中して行い、人の意見やアドバイスは参考程度にとどめ、それ以上に自分の目で見て感じた事を優先して滑りに活用したり、それを
元にセッティングを変更したりしました。室内でのローラートレーニング中などにも、滑走動画のスロー再生を見ながら行う事も多かったです。

その結果、、、 スノーボードのレース競技を始めて7シーズン目となった昨シーズン(アマチュア2年、プロ5年目)、過去に公式戦のプロ戦で一度も表彰台に上ったことのない私が、続けて表彰台に上り過去最高の成績を残すことができました。数年前の自分からは想像できないくらいの結果に、自分でも驚いています。
【PSA GS in Dynaland 表彰式(準優勝)】


「次は1位を目指して、、、」と言いたいところなのですが、都合によりプロ活動をお休みする予定です。
今回の経験を踏まえて、「なにごともあきらめない」という考えはこれからも継続して持ち続けていきたいと思います!

小北聖子

copyright