SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



ソフトブーツカービングの魅力に取り憑かれています! 杉本孝次の「今」


SGライダーが「今」をテーマにそれぞれの想いを語ってくれましたが、私も改めて「今」の想いについて書きたいと思います。

今、まさにシーズン直前!
この時期はシーズンに向けての準備に忙しく立ちまわっているわけですが、その忙しさからくるプレッシャーが年々大きくなっています。始まってしまえば、なるようにしかならないのですが、この準備が十分出来ているのと、いないのではやはり全然違いますからね。
シーズンを迎えるにあたってのワクワク感が大きいからこそ、それに向かって準備したいと思うことが増えるんです!これってある意味楽しんでいるわけで、色んな人からの提案も含め、どんどんイメージが広がり新しいアイデアが生まれ、チャレンジ
したい事が増える!結果、忙しいわけですが、、いつもの私のパターンです(笑)

毎年4ヶ月ニュージーランドで滑っていますが、今年の夏!その雪上時間の半分くらいをソフトブーツでのカービングに費やしました。私にしたら20数年ぶりの異例な?過ごし方です。
「なぜ?」って、それは、楽しかったんです!
最近のソフトブーツカービングって、みんなカッコいいですよね。
道具の進化!技術の進歩!といいますか、それぞれが余分を削ぎ落としながら効率を上げてます。その姿を見るにつれ、間違いなくソフトブーツカービングの限界域が上がってきていると感じたからです。ならば自分で感じたい!自分もできるのか?!なんてところからです。


フリースタイルが流行り、横乗りスタイルがスタンダードとなっている中で、板を立てて、ボードを踏み、雪面を削るカービングの楽しさをアルペンに求めた私ですが、ソフトブーツでも板を立て、ボードを踏み、削る、そして時に、より面圧を感じボードを押す!カービングにストレスの少ない形を最近の道具は、今までと違った形を表現できるようになっていると思います。

「今」をテーマにしたこの語りですが、今すぐにでも滑りたい!
そして今シーズンのテーマは、もっとソフトブーツカービングをしたい!、と感じています。

いままでハードブーツカービングの人は、是非とも最近のソフトブーツカービングをチャレンジしていただきたい!
そして、ソフトブーツカービングを頑張っている人は、是非ともハードブーツカービングにチャレンジしていただきたい!

必ず、今だからこそ新しい発見があると思います。

27年間カービングをし続けている私が、あらためて「今!」ソフトブーツカービングの魅力に取り憑かれています。

今シーズン、沢山の方と一緒に ソフトブーツカービングセッションしたいと思っています。
どうぞ、皆さん一緒に滑りましょう!宜しくお願いします!

杉本孝次


 


copyright