SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



ニューカマー第二弾は長野の高校生 戸田大也
子供から大人の世界へ、無心から歓喜と不安の世界へ、そこで大切にしているのは「感謝」の気持ち

 はじめまして、戸田大也(トダ ヒロヤ)です。現在高校2年生です。スノーボードを始めたきっかけは、父がスノーボードをしていたので興味を持ちました。しかし、僕の学校が休みの時、父は仕事なので、教えてもらう機会がなかなか無く、スノーボードスクールに入る事が多かったです。
スクールに入るたびに「どのぐらい滑れますか?」と聞かれる事が多く、説明するのが面倒になった母に、バッチテストを受けさせられました・・・これが意外に楽しくて、小学1年生の時にスノーボードを始めて、小学2年生にはバッジテスト1級を取りました。
小学3年生からは、バッチテストの延長みたいな感じでテクニカルの草大会に出るようになりました。これがまた、だらだら滑っているより正確にキレイに滑る為に練習する事が楽しくなりました。大会でいい成績を出すと、とても嬉しくて楽しくて、もっと練習して大人に勝ちたくなりました。
JSBAの全日本スノーボードテクニカル選手権の出場を目標に練習を始めました。小学6年生の時、強豪中部地区から全日本へ出場することが出来て嬉しかったです。現在、全日本出場には学生枠がありますが、当時はその様な枠は無かったので大変難しかったです。第18回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会では、ユース優秀選手賞は僕で、ジュニア優秀選手賞は湧也君でした。2人でインタビューを受けた事が良い思い出です。
 中学生になり新しい事に挑戦したくなり、レースの大会に出ました。ユースクラスでしたが全日本への出場権が取れました。
しかしその時は、テクニカルの全日本もあり、フリースタイルだし、ゲート練習を3回しかしていない僕の結果は散々で・・・練習しなかった事を後悔しました。中学2年生からは、フリースタイルを完全にやめてアルペンへ転向しました。初めてのハードブーツは、難しくて滑りにくいので練習が楽しかったです。(笑)

 今シーズンから、SGの板に乗る事になり、僕自身とてもワクワクしています。それと同じくらいプレッシャーも感じています。
すぐに良い結果を出せないかもしれないと不安に思うことがあります・・・結果を出すためには、心技体を成長させる事が必要だと思います。

心技体を成長させる為には、何をするべきか・・・
中学時代、バスケ部の顧問が僕たち部員に「練習も必要だが普段の生活をちゃんとしろ」とよく言っていました。当時は勉強の事と思っていましたが、少し成長した今は「当り前の事は自分の為になり、やるべき事は責任を持ってやれ」と言う意味だったと思うようになりました。
「普段の生活が、心技体の成長に繋がるのではないのか??」

時間にルーズな事は、普段の生活においてもダメな事です。タイムを争う競技は、時間を守るのは当り前で、5分前行動・10分前行動を意識しなければいけないと思います。
スノーボード競技が出来る事を考えると「感謝」と言う気持ちが出てきます。この気持ちは、僕を強くしてくれます。メンタルがボロボロになりそうな時に、支えになります。
結果が全てのレースの世界。ワンミスが命取り。コンマ差での勝負。考えると怖くなります。だけど、失敗を恐れず一所懸命に滑る事が僕のやるべき事だと思います。
シーズン中、大会のビデオを母に撮ってもらいます。その映像には僕以外のライダーも映っていて、見比べると自分の滑りのダメな所がよくわかります。映像を観る事は、滑りのチェックが出来てとても勉強になります。寒い中、撮影してくれる事にも感謝です。2014-2015はインスペクションの大切さを知りました。今頃?って笑われてしまいますが・・(汗)
SGスノーボードには、尊敬するライダーがたくさん在籍しています。先輩方から体験話を聞くだけでも勉強になります。オフシーズンの使い方も参考になります。一緒に滑るのは、もっと勉強になります。
この出会いを無駄にする事なく、少しでも早く先輩方に近づける様に成長したいと思います。そして、このIdentityを書く事によって、何気なく生活している自分を振り返る事が出来ました。
雪上だけが、僕の成長の場所ではなくて、滑りだけでなく人間的に成長しなければいけないと思いました。
戸田大也

 


copyright