SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



いつもギラギラした目力のあるタカこと、宮尾貴明
彼のエネルギッシュな源はどこから来るのか?タカが大切にする元気の源となる「言葉」とは

はじめまして。今シーズンよりSG SNOWBOARDSの一員として活動させて頂く宮尾貴明です。

長野県小布施町に生まれ、小さい頃から雪と接する事が多く、よく遊びでスキーに連れて行ってもらっていました。
その当時、スキー場でスノーボードを見かけるようになり単純に「カッコイイな~、やってみたいな~!」から始まり、両親にねだって中学校2年生の時にマイボードをゲット。ずっと部活もやっていたので、毎週のように滑りに行くようになったのは、高校を卒業して上京してからでした。

専門学校卒業後、東京で就職したものの、漠然とあった「もっとスノーボードがしたい!、もっとうまくなりたい!」という気持ちを捨て切れず、仕事を辞め長野に帰り、縁あってインストラクターの世界に飛び込みました。そこで「カービング」を学ぶようになり、5シーズンを菅平高原で過ごしました。
SAJスノーボード技術選手権大会に出るようになったのがキッカケで、インストラクター1年目に出会っていた、ラマこと平間和徳氏に再会。ここでも縁があり、オフシーズンのベースを群馬県みなかみ町に移し、ラマさんが働いていたアウトドアカンパニー「カッパクラブ」へ入社し、ラフティングを中心にリバーガイドとして現在に至ります。

師匠の背中を追いかけ、思い切ってベースを移した事は、僕の「スノーボード」にとって、大きなターニングポイントでした!
と言うよりは、「このチャンスは何がなんでも掴みたい!」という思いが強かったかもしれません。そこからスノーボードteam R÷DIVISION crewとして活動させてもらうようにもなりました。

 

 

中学校2年生の時には、まさかスノーボードが自分の仕事になり、スノーボーダーとして活動していくことになろうとは思いもしませんでした。
最近よく思うことは、「自分を取り巻く全てのことが自分の人生に繋がっている」という事。人との出会い、言葉、遊び、仕事、環境…
その中で、自分が何を望み、どんな方向に進んでいきたいか…求めなければ、何も動かず、チャンスは巡ってこない!求めるからこそ、そこに自分のVISIONが少しずつ見えてくるのだと!
そしてよく思い出す言葉が人生の大先輩のある人から言われた、
「大切なのは、どんな道を選ぶかではなく、選んだ道でどれだけ頑張れるかじゃない!?」。
どこかからの引用か、オリジナルかは定かではありませんが…笑。
15年以上前に掛けられた「言葉」が今でも自分の中で生きています!心折れそうになっても、助けてくれます!そして周りにいてくれる「人」、「自然」がいつでもパワーを分けてくれます!

だから頑張れる!これからも続けていける!
全てのことに感謝しながら…。
全てのことにお世話になり、ちょっとずつパワーを分けてもらいながら…。
自分も周りに対して、そうでありたいと思います。

これから、SG SNOWBOARDSでお世話になっていく訳ですが、まだまだ微力で未熟でもあります。全力で進んでいくことで、新たに見えてくるものが必ずあるはずです!
この錚々たるライダーの中で、自分にしか出せない味、ライディングを追い求めて突き進んでいきます!
そんな僕の活動を見守って頂き、少しでも応援して頂けると幸いです!

宮尾 貴明



copyright