SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



自分の役割ってなんだろう?って考えたら、
今、自分にできることはなんだろう?にたどり着いた、勇上華子の夏

今回のテーマは、今思うこと、感じていること。ということで、
わたしの「NOW」を書いていこうと思います。

さっそくですが、自分の役割ってなんだと思いますか?
例えば、小学生のクラスに図書係や給食係があるように、ひとりひとり役割があるんだ、と私は気づきました。

たまたま手に取った本に影響を受け、そんなことを考えるようになりました。その本を読んで考えました。自分の役割とはなにか?そんなことを考えるようになった頃に、SAJの育成強化合宿イタリア遠征に行かせていただきました。

滑走技術や、フィジカルの向上はもちろんですが、この遠征で一番得たことは、「考える」ということです。
今までは、ただなんとなく、こうなればいいなぁというようなものしかありませんでした。しかし、イタリア遠征ではよりリアルにいろんなことを考えるようになりました。

出されたメニューをこなすだけだったフィジカルトレーニングも、今どの部分を鍛えているか、滑りにおいていつどんな時に使うのかを考えるようになりました。滑りの面でも、アドバイスされたことだけを意識して滑っていましたが、今の1本がこうだったから、次はもっとこうする、ということにアドバイスしてもらったことを加え、より鮮明にイメージして滑るようになりました。
自分で考え、リアルにイメージし、再現する。その結果を考えまたイメージする。
この繰り返しを、スノーボードだけでなく、いろんなことでするようになりました。

そして今は、再び合宿でニュージーランドにいます。
今回の遠征でも、考えてイメージ力を上げ、再現性を高める、そんなトレーニングをしています。何度も何度も繰り返し、経験を重ね、イメージ力が上がると再現性も高まるのでそれが技術の上達に繋がります。正直、頭を使うのが得意ではないので、すぐこんがらがりますが。(笑)

 

 

 

 

そして、「自分の役割とはなにか?」についても考えました。
自分の役割について、ふと思いついた時にはすぐには出てきませんでした。
家族のために…
応援してくださる方のために…
社会のために…
日本のために…
今の自分の役割とはなにか。
それは、大好きなスノーボードでたくさんの人に感動を与えること。目標を達成するために努力し、頑張り続けること。
そう、思いました。
ここまで考えイメージしたので、再現する番です。
もし、途中で失敗し、躓くことがあったとしても、また、イメージし再現していきます。「考える」ことの練習中なので、まだまだイメージ力は足りないし、再現性も低いです。
ですが、やっとスタートラインに立てたようなそんな感覚です。
このことに気付けてからは、スノーボードがより好きになり、
今までとは違う楽しさを感じます。

まだまだ未熟ですが、いつかたくさんの人に感動を与えられるような、そんなライディングが出来るように、自分の役割が果たせるように、日々努力し、日々成長しながら頑張ります。

勇上華子




copyright