SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



NZ遠征からスタートした、2015-2016シーズン
「頭で描いたイメージを、雪上で正確に表現する」斯波正樹のシーズンイン

だんだん寒くなってきて、冬はまだかな、と、うずうずしているスノーボーダーが多い頃でしょうか。僕は9月7日から9月28日まで、全日本チームの合宿でニュージーランドのマウントハットに行ってきました。今年は例年に比べ、雪のコンディションがとても良く、最初から最後までほぼ冬雪の良いコンディションで練習できました。また、常に選手を想い共に目標に向かってくださるコーチングスタッフの皆さまにも感謝しています。
今回の遠征は、夏の間の陸上トレーニングがどのように雪上での滑りにつながっているかを見るのにとても楽しみな合宿でした。夏の間に明確な方向性を持って身体づくりに取り組めたことで、想像していた通り雪上での滑りは自分自身のフィーリングでも、映像で見ても、格段に昨シーズンよりレベルアップしたと実感することができました。

前回よりも今回、昨日よりも今日、と自分の成長を明確に実感することはとても大事なことです。もし仮に、前回よりも今回、昨日よりも今日、と成長を実感できずに曖昧な成長度合いの感じだと、それは成長していないと思った方が良いと僕は思っています。

 

それでは、成長の実感はどこから生まれてくるのでしょうか。それは、まず常に脳で理想の滑りのイメージし、その理想に近づくためには何が必要かを具体的に探し出し、トレーニングをしていくということです。そしてそのトレーニングが雪上での滑りにしっかりと繋がっているのかということを、雪上練習で確認します。
僕がやっている陸上トレーニングは、ジムでの基本的な筋力トレーニングやロードバイクの有酸素トレーニングなどで、そこまで特別なことはやっていません。しかし、雪上での滑りのイメージを四六時中考え、その理想のイメージに近づくために、具体的にイメージしながら体力トレーニングを行うことにより、雪上練習での成長率が格段に上がります。

簡単な言葉でまとめると、雪上以外(ジムや部屋)で予習をし、雪上では復習をする、この繰り返しを行います。イメージしたことをそのまま雪上で“正確に”表現することが、確実な成長と自分が感じる成長の実感に繋がっていくのだと、今回のニュージーランド遠征でとても感じました。
今シーズンのワールドカップでは今までにない成績を残せるよう、引き続き前へ進んでいきます。

斯波正樹



copyright