SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店


「足裏」と「セットポジション」
ごっちのシーズンインで大切にするべきこだわり


みなさん、お元気ですか?
気がつけば12月、スノーシーズンの始まりですね。
ボード、ブーツ、ウエア、ゴーグルなど少しずつ準備をしながらワクワクしているこの時期は、とってもいいですよね!
さて、今回のテーマ『こだわり』について。
私、ごっちのこだわりについて書きたいと思います。
一つ目は、毎年シーズン初めにライディングの感覚を取り戻す為のこだわり。
シーズン初めの滑り出しは、感覚を取り戻すためにみなさんもあれやこれを考えながら滑ったり、とりあえず滑り始めたり、と様々だと思います。期間が空いたスノーボードの感覚は、とにかく滑る!事でシーズン始める方も多いのではないでしょうか?
そんなシーズン初めは、こんな順番で毎年滑りの感覚を取り戻しながら、さらなるシーズンのベースを作ることにこだわっています。
まずは、シーズン初めのライディングでは、足裏感覚からボードコントロールを行うこと!
体が思うように動かないなか、まずはしっかりとボードを操作することを意図的に行い、何をしたらどのようにボードが動くかを確認する!低速域からはじまり、斜度に合わせてスピード調整をしていきます。まずは、ボードに近いところからの感覚をつかみます。
ボードのエッジ操作から主にターン後半の意識をしています。
次に、ボードの足裏での操作が自分のイメージに近づいたところから、上半身を使っての左右へのローテーションを行いながら足裏感覚に合わせていきます。ここでのポイントは上肢と下肢の連動性をイメージしながらスムーズな動きを作る!足元でのエッジ感覚では細かな操作あり、その動きに上肢の動きが合わさることでより大きな動きに繋がります。さらには、切り替える事をローテーションを使ったりする事でターンの前半の意識へと繋げます。
この感覚を作りあげていく時に大きなポイントが、自分の体軸です。ボード操作をしながら、つま先、かかとへのバランスを足先から上体へのバランスへ移りながら、頭でバランスを作る。そして重心位置をお腹や背中、腰付近の場所を探していく。
とこんなところが、シーズン初めのベースづくりになり、毎年のこだわりとして実施しています。


二つ目は、滑り出しの直滑降で滑ることへのこだわり!

皆さんは、リフト降りてからの滑り初めは直滑降、ヒールサイド、トーサイド、どこから滑り初めますか?
ここも、人によってのこだわりが多いところ!
私は初めの滑りだしで、そのターンの精度が変わるほどとても大事に考えています。
そんな私の滑り初めは、「直滑降」です。
なぜ直滑降かと言うと、ボードの上でのバランスを合わせるセットポジションを創るためです。(野球のピッチャーで言う構えの姿勢ですね)
このセットポジションが決まるか決まらないかで、滑りの質がとても大きく影響します。セットポジションを創るために直滑降は最適なのです。
さて、私のセットポジションの合わせ方はと言うと、、、
下肢はややつま先よりの前足は親指部分、後ろ足は小指部分へ。上肢は進行方向(正面)と少し腰を中心としてのねじれを創り窮屈感を創るイメージ。ボードに対して前後のバランスは、つま先よりで左お尻と左背筋でバランスをとります。全体的にボードのセンターよりもややつま先よりに重心位置を作る部分が自分のこだわりですね。そしてこのセットポジションが私の滑りの根本となっています。
人それぞれのセットポジションがあると思いますが、私の過去のビデオのライディングからも、このセットポジションの進化が現在のターン技術となっています。そう、まさに滑り初めの「直滑降」こそが、すべてのターンのキーポイントなのです!
さて、皆さんも冬の初まりでワクワクしている中、いろんなイメージを膨らませている方も多いこ頃。
シーズン初めのライディングは、少し考えながら滑ってみたり、滑り初めを大事にしてみてください。
何か新しい発見があるかもしれませんよ!それでは、間も無く冬のシーズンの幕開けです!今年の大雪に期待しましょう!

後藤 克仁(ごっち)

 

 


copyright