SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店


こだわりを持つことで
不器用さをカバーしてきた高橋恭平


今年のテーマは<こだわり>
ざっと考えるてもいっぱいありますね。
雪山で、アフタースノー、オフシーズン、私生活などなど。

ここでは、やっぱり雪山でのこだわりを書きたいと思います。
山に上がるときは、いつも違う時間、状況、メンバーバラバラ。
そんな限られた時間を<全力で滑ること>が僕のこだわりです。

全力だから気付くことが本当に多い。
例えば、その日の自分の調子から、いつも滑るゲレンデであっても違って見えるもの。
僕は実際に滑った足裏の感覚と、重心のブレ、上下動の3つで調子を計ります。
雪質も毎日違うし、適応しようと思ったらやり過ぎなくらいやって失敗から学ぶ。
だから、人よりも転んでると思う。笑
適当に滑っていたら全くわからない。
本気でやるから面白いし、楽しい。

だから、朝一から全力で滑るし、その為に朝の準備も全力。大会でも全力。
クロスのファイナルは限界超えてることが多い。ここは全く別か。笑

そこから感じ、学ぶから考えさせられる。
その繰り返しを重ねるから、次はあれやりたい、あそこに行きたいという
発想も湧いてくるのだと思う。


でもいいことだけではなく、本気で怖いときもある。
いつも全力だから限界を超えた瞬間に板に弾かれた時。
キッカーでランディング見たらフラットだった時。
天候、雪質の安全を確認し、万全の準備したのに表層雪崩が起き、木にしがみついてる時。
本気でやってしまったと思う。

そこからも学び、次に繋げる。
それを乗り越えた時がまた気持ちいい!
仲間と一緒ならなおいい!
偽りなく、みんなで笑いあえるのは最高だと思う。

これは、育った環境の影響が大きくて、回りにはいつも上手い人がたくさんいた。
そんな中で負けるのは悔しいし、勝つためにはどうするか?
僕はとりあえずやってみる。
しかし、答えの引き出し自体無いに等しかったので、失敗ばかり。
昔は、教えてもらう機会も少なく、とにかく気持ちだけでひたすら滑っていた。
全力で滑ることが近道と信じて。
いつしか、それが染み付いてフルアッタクは当たり前になっていった。
クロスの仲間、先輩方ありがとう。笑

そうやって、滑ってきたから、これからも変えられない。
滑るフィールドが変わろうと、技術や体力が衰えていっても同じ。
<全力で滑ること>が僕のこだわりです。

高橋恭平

 


copyright