SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店


不器用だけど、スノーボードが大好き
不器用だけど、スノーボードの未来に思いを馳せたい
はじめまして、武本由美と申します


私は現在、群馬県にある草津国際スキー場でインストラクターをしながら、第7期SAJデモンストレーターとしても活動しています。近年、テクニカルシーンでは10~20代ライダーの活躍が取りざたされておりますが、私の場合は遅咲き・・・というよりも、スノーボード自体を始めたのが遅かったです。

子供の頃から家族でスキー場に行ったことは一度もなく、雪山育ちでもありません。初めてのスノーボードは18歳の時に学校の皆で行った2泊3日のスノーボード旅行。その時の私は、初めてのスノーボードに大興奮し、数メートル進んでは逆エッジ。転がりながらも滑っているうちに、旅行の最終日には100メートルくらい転ばずに滑れたのかな・・・たぶん(笑)幼少の頃に帰ったような・・・とにかく楽しくて楽しくて、ウェアも帽子も雪だらけで真っ白になりながら滑ったのを今でも覚えています。
その後、在学中は何度か友達とスキー場に行く機会もありましたが、卒業と同時にコンサルティング会社に就職し、雪山から遠のく生活が始まりました。その頃の私は、「スノーボード」というモノが、自分の人生の中で、こんなにも影響力のある存在になるとは思いもしませんでした。

私はとっても普通の人です。ただ、皆さんにも負けないくらい「スノーボードが大好き」という気持ちはとても強いと思います。それがまさに私の「Identity」。
会社を退職し、日本の雪山に籠るようになって、今年で13年が経ちました。夏季のニュージーランド篭りは8年目です。ニュージーランドで滑るようになったきっかけは、8年前のシーズン初めに骨盤を骨折し、自力では日常生活が出来ない寝たきり生活を3ヶ月間送った事。冬にスノーボードの出来ない生活・・・とても苦しかったし、悔しかった。人生で初めて湧いてきた強い感情でした。
今でこそ、杉本孝次さんのアクティブキャンプに参加しながらニュージーランドで滑っていますが、初年度と2年目は、英語も話せないのに勢いだけで異国に乗り込んでやりました。国際線から国内線への乗り継ぎは、不慣れなうえに手際が悪く・・・大荷物を持って空港内を走り回り・・・今考えると苦笑い出来るアクシデントもあり(笑)「スノーボードが大好きだ!」「失った時間を取り戻してやるんだ!」その気持ちが原動力となり、起こった強いパワーと行動力。きっかけなんて、そんなもんなのかもしれません。そして、その時に「この世界に生きよう」と決めました。

私は現在、SAJデモとして、インストラクターとして、SGライダーとして、「この楽しくてワクワクするスノーボードを、もっといろんな人に広めたい!」という想いと共に、このスノーボード業界に身を置いています。それもこれも「スノーボードが大好き」という気持ちが原動力。
レッスンは、私個人の上級者向けキャンプも行ってますが、スクールでのレッスンの8割以上は初心者レッスンです。デモンストレーターといえば「上級者レッスンだけ・・・」というイメージもあるかもしれませんが、私は上級者も初心者も分け隔てなく教えたいです。せっかく仕事や学校の休みにレッスンを受けにきてくれているのだから、どのレベルの人にも手ごたえを感じて帰ってもらいたい。やっぱり、誰だって上手く滑れるようになった実感を得ると、楽しいし嬉しいと思います。


なので、人生で初めてスノーボードをする人たちには、レッスンの中でどれだけ楽しいイメージを持ってもらえるか。どれだけ楽しんでもらえるか。「また滑ってみたいな・・・」と、思ってもらわなくては、次の世代に繋がっていかないし、今後、スノーボードを休暇の楽しみやリフレッシュに活用してくれなくなります。
そして、どのレベルのレッスンでもなるべく分かりやすく説明する事を心掛けていますが・・・やっぱり百聞は一見に如かずという事で、上級者向けキャンプでは、生徒さん自身に自分の滑りを確認してもらえるよう、3~5名の少人数制ビデオクリニックにこだわっています。なので、キャンプといえどプライベートレッスン状態になり「色々と質問しやすかったし楽しかった!」とか「意外と真面目にレッスンするんですね(笑)」なんて言葉も頂きます。ありがたいことです♪

私は、こう見えて日頃からレッスンの事やスノーボードの未来を真剣に考えているのですが・・・(笑)情熱を持って親身にレッスンをする事で、自分のレッスン経験値が自ずと上がるので、滑走中の生徒さんの転倒や怪我、次にぶつかるだろう壁など、予測出来る可能性が上がるのではないかと考えています。
そして、どのレベルのレッスンをするとも出来るだけ親身になり、生徒さんの立場に立ちたいと心掛けています。甘やかすのではなく、スノーボードをどのような位置づけとして考えているのかによって、求めるレッスン内容も求める滑走技術も変わると思うからです。結果、甘やかすこともありますけど・・・(笑)
なぜなら、どんなに良い情報だとしても、本人が求めていなければ心にも頭にも残らないどころか、混乱してスノーボードが嫌いなってしまうかもしれないから。楽しんでもらえるように。たくさん笑ってもらえるように。もっと大好きになってもらえるように。スノーボードを通じて、人生を彩のある豊かなものにする手助けが出来たら、とても素晴らしい事だなぁ・・・と思っています。もちろん、それがスノーボードじゃなくても良いんですけど、私はこれが一番得意なので(笑)

これからも「生徒さんにとって『彩のある楽しい人生の一つ』にスノーボードがあるとするならば、インストラクターとしてそのチカラになりたい」。この初心を忘れず、色々な人達の「スノーボードを楽しむきっかけ」になれるよう、良いモノを伝えていきたいと思っています。

最後に、毎年3月には、私が出場している「SAJ全日本スノーボード技術選手権大会」があります。そこで私は、圧倒的な力強い滑りをし、優勝したいです。
ですが、私にとって「優勝」は目標であり、最終目的ではないです。
最終目的は 「スノーボード = 楽しい」 を色々な人達に情熱を持って伝えること。
年齢はそんなに若くないですが・・・(笑)「限界」は自分が作るものだから・・・自分に負けないよう、自分らしく、真っ直ぐ走り続けたいと思っています。
そんな武本由美を応援してください。よろしくお願いします♪
・・・ちなみに武本由美レッスンご希望の方は、私に直接Facebookメッセージでお問い合わせ下さい。プライベートレッスンやキャンプの日程など、詳細お伝えします☆
武本由美


copyright