SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



逆ひねりのカーヴィング小僧は、
硬くて速いボードに憧れていました
ある日、滑りに出かけた宿泊先の乾燥室で起った運命的な出会いが、
小僧のその後のジンセイを大きく変えることになりました
そんな小僧の物語

words by Hideaki Nishihara


皆さまどうも。ニシです。  
今回お話するのは、僕はなぜアルペンスノーボーダーになったか?というお話を、思い出と共にお話ししたいと思います。

現在、スノーボード暦22年ですが、初めてのスノーボードは父親にムリヤリやらされた感じでした。
足もお尻も冷たいし、痛い。そして自由が利かない。スノーボードの初めての印象でした。今ではどうやったか分かりませんが、我流で3日でギュンギュンにターンはしてました。
初めてできたのは、ものスッゴイ逆ひねりのターン。最高に気持ち良かったです!(笑)
既にその時には、もっと早く!もっとカッコ良く滑りたい!、と思ってました。

スノーボードとの出会いから、アルペンスノーボードとの出会いは早かったです。早い時期からアルペンボード乗りたい!、その気持ちはありました。硬くて速いやつ!
逆ひねりターンに快感を覚えていた僕は、ある日エコーバレーに連れっていってもらいました。
そこで運命的な出会いが訪れました。
同じ宿に、アルペンボードが置いてあって、僕はそれをずーっと見ていました。そしたら持ち主のお兄さんが現れ、アルペンのことを色々お話してくれました。
その人物との出会いが、僕のアルペンスノーボードとの出会いです。
「明日一緒に滑ろう!」、
このお誘いの言葉がかけてもらえなかったら、今の自分は無かったと思います。

あの時みたお兄さんのスーパーカービングは、スーパー速かったのは覚えてます。
そして、僕にくれたアドバイスは今でもちゃんと覚えてます。
「白鳥のように優雅に滑る」。あの頃の僕にとっては解釈が難しかったですが…

10歳になり念願のアルペンボードを手に入れました! 
毎週のようにお兄さんが高速のバス停で拾ってくれて、いつもの御岳方面へ。
小学生のガキとセッションしてくれたお兄さん。

今思えば、沢山色んなとんでもない所へ連れてってくれました。
沢山の思い出は書ききれませんが、僕をアルペンボーダーにしたお兄さんは、どんなに天気が悪くても、どんなに滑りの調子が悪くても、どんなに雪が悪くても、ネガティブな言葉は聞いたことはありません。
「楽しいな!」、「最高だな!」、「かっこいいな!」
お兄さんはいつもポジティブな人でした。
お兄さんは僕にアルペンスノーボードだけでなく、
「セッション」を教えてくれてたんだと思います。

お兄さんとのセッションがあったから、
今の自分があると思います。
お兄さんありがとう!

西原秀彰


copyright