SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



ライダーたちの知られざる背景を紹介する連載。
その第二弾はワニ じゃなかった、大森厚毅です
スノーボードを通じた人と人との出会いが彼の人生を変えていく
感動の?ヒューマンストーリー

words by Atsuki Omori



京都生まれ京都育ちの雪とは全く無縁の地域に住んでいる私がなぜスノーボードと出会い、今まで続けてきたのか。それは、私の活動を支えてくれた親のサポートと、1人の友人との出会いがあります。
そもそもなぜ私がスノーボードを始めたのか。そこに大した理由はありませんでした。家族旅行でスキーに行っているときに親が「最近スノーボードがスキーより流行ってるみたいやからやってみたら?」、と言われたのがきっかけです。それが小学校3年生のときでした。スノーボードスクールに入れてもらったのですが全くセンスがなく、ターンできるようになるまでに丸2日かかりました。

中学2年生の頃。シギーさんと裕希君と。

そこからは、年に数回程度、旅行で白馬の方に滑りに行っていたのですが、ある日母親が大会を見つけてきました。それが、白馬の八方尾根スキー場で行われていた「HOT&HUMMER」 という大会でした。当時の私は、アルペンボードなんて全く知っておらず、量販店で買ってもらったフリースタイルボードでした。というか、スラロームという競技方法すら分かっていませんでした。結果はもちろん最下位。
しかしそこで同じユースクラスで出場していた子と仲良くなりました。それがご存知の方もおられるかと思いますが、金山裕希君です。彼は私の1歳年下で親御さんがとても熱心でした。親同士も仲良くなり、それからは毎週末一緒に滑りに行くようになりました。大会に出始めたシーズンはフリースタイルボードで大会に出場していましたが、大会で出会った方からお下がりのアルペンの道具を頂いて、僕のアルペンスノーボードは始まり、そして今に至っています。

初めての表彰。ずっと裕希には負けていました。この頃は裕希に勝ちたいと考えていました(笑)

(→右へ)

その後も裕希君の親に引率して頂いて遠征をすることが多かったですが、予定が合わないときは自分で夜行バスや電車を乗り継いで行っていました。これはまだ小学生の頃なので、今思うとよく1人で京都から長野まで1人で電車に乗って行っていたな、と我ながら感心します。(笑)高校生ぐらいになると裕希は本気で世界を目指していましたので海外遠征に行くようになりあまり一緒に滑らなくなりました。

当時のフロントサイド。これも中学生。

その頃からは自分で練習環境について考えるようになり、何度か練習をさせてもらっていたGSSを拠点に練習をするようになりました。GSSはとてもチームの雰囲気が自分に合っていると感じてそれ以来ずっと練習拠点にしています。
以上の事が、私がこれまでスノーボードを続けてきたバックボーンです。裕希以外にも今まで本当に多くの方と出会い、お世話になってきていますが、競技を始めてここまで取り組むことが出来たのは裕希とその家族に出会えたからです。この出会いがなければ私は今頃スノーボードをしてないのではないかと思うほどです。

最近は少しはキレがよくなりました(笑)

最後に、私の今後の活動について書きたいと思います。
私は、今年の春に大学を卒業し社会人になりました。スノーボートとは無関係の仕事です。ですので、今までのようにシーズン中は山に篭って練習、みたいな生活は出来ません。それでも週末を利用して出来る限り活動していきたいと考えています。練習時間と技術の上達が必ずしも比例する訳ではないということは先週の白川先輩が実証してくださりましたので、私も続きたいと考えています。詳しくは白川尊則さんのバックボーンをご覧くださいね(笑) 冗談です。

こんな僕ですが、これからもよろしくお願いします
しかし、今まで以上に時間の自由がないのは事実で、まとまった休みもないので限られた時間を最大限に有効活用して、来シーズンでの活動に繋げたいと考えています。

大森厚毅


copyright