SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



オフシーズンのトレーニングにロードバイクを取り入れている海外のライダーは多い。
吉岡健太郎も昨年より積極的にロードバイクに乗っています。
フィジカル的な効果だけでなく、様々な面で健太郎に良い効果をもたらしているようです。
健太郎流ロードバイクのススメとは。

words by Kentaro Yoshioka


最初にですが、私は単純な動きの運動が昔から嫌いです。
知っている方も多いとは思いますが、私は舗装道路を走るロードバイクという自転車にハマっています。単純な動きのはずなのにハマりました。
ロードバイクと出会うきっかけとなったのは『スノーボードのトレーニングのため』です。私は瞬発系の力(ハイパワー)といわれている筋力は以前からありましたが、長時間の力(ローパワー)や1分間くらいの力(ミドルパワー)の能力には自信がありませんでした。そこで取り入れたかったトレーニングが自転車でした。昨年は3ヶ月で3000km走りました。アルバイトへの通勤(片道16km)は必ず自転車でフルパワー!退勤してから暗くなるまで、定休日は朝から山中心で走っていました。その結果、今までハイパワー系以外の種目でほぼ最下位(アルペンボード全日本代表の中)だった私は全種目トップクラスになりました。例えばシャトルランは今まで数値95がMAXだったのが125になりました。
自転車といっても、マウンテンバイクやダウンヒルバイクなどもある中で私がなぜロードバイクを選んだのか、そしてロードバイクの素晴らしさをSGページを見ている皆さんに伝えたいと思います!私の持ち味は勢いのパワー!文章能力の低さが目立ってもそこは目をつむっていただけたら、助かります。笑

1、自転車に乗っている体勢が前傾姿勢となり、
  自然と体幹のトレーニングになること。
2、ランに比べ、膝への負担も少なく、長時間の運動ができること。
3、あるものを使う事で太ももの裏を鍛える事が出来る。
4、私の地元である富良野地区が最高にロードバイクに適した
  地域であったこと。

この3点は乗る前に知っていた情報。
しかし、乗り始めると色々なことが見えたり、最高の瞬間を感じる事が出来ます


1、普段、車で走っていても気づかない絶景、
  素晴らしい建造物など新しい発見ができる。
2、動物を間近で見たり、シカと一緒に走ったりできること
 (富良野だけ?)
3、走り終わってからのご飯がなまら美味い!(約100倍)
4、体重の心配せず食べたいものを食べたいだけ食べれる。
5、自分の決めた道を走りきった時の達成感が半端じゃない。
6、下り坂は本気で風になれるし、
  感覚がスノーボードの体重移動に近い。
7、イベントなどに参加したり、ツーリングなどの機会により、
  スノーボード以外の世界の人にも出会える。
8、やばい自転車(こだわっているもの、高価なもの)を見た時に
  血が騒ぐ。
まだまだありますが、この辺にしておきます。


ロードバイクの素材には大きく3種類あります。
安い方からクロモリ、アルミ、カーボン。
価格はブランド、重量、剛性によって変わりますが、アルミが一般的だと思います。
私も始めて見て知ったのですが、ロードバイクは全てのパーツをカスタマイズできます。その中で今回は札幌じてんしゃ本舗さん協力のもとサドル、ホイルの2つを紹介しようと思います。
自転車乗りなら一度は聞いたことがあると思いますが、『サドルは出会い』と言います。自分にあった幅、硬さ、形のサドルに出会うまで時間のかかる人は何年もかかります。完成車で購入すると最初からサドルがついてきますが、それが自分に合っていたら奇跡だと思った方がいいかもしれません。

人によってこの通り選ぶサドルは違います。
私が選んだサドルはこれです。最初のサドルは穴があいていなく、ものすごく尿道が圧迫されて痺れるほどでした。20個ほどテストしてこれに決めました。
穴があいている分、剛性はどうしても落ちてしまいますが、このサドルは硬さもしっかりあります。サドルは硬ければ硬いほど長距離は疲れませんが、お尻がなれるまで時間はかかるかもしれません。お尻の皮が厚くなるまでは我慢です。

次にホイル。ホイルも剛性や重量、空力によって登り向き、下り向き、平地向き、長距離向き、短距離向きなどがあり、あとは体重パワーによっても全然違います。今日は私がテストした4種類のホイールについて簡単な特性を紹介したいと思います。

キシリウムSLS
まず高い剛性と軽量ボディから生まれるこぎ出しの加速感、登り坂での加速はレースにまで対応できる性能です。さらにエアロ効果を意識したきしめんスポークは固いボディと合わせるとかなりスピードが伸びます。ただ、その固さがあるがゆえ体に負担が大きいのでパワーのある人向けのホイールになります。
R-sys
キシリウムと比べ長いサイクリングでも気持ち良く乗れるホイールです。カーボンスポークがバネになるので加速はもちろん乗り心地も良くなっています。キシリウムよりさらに軽くできているので非常に軽いこぎだしになります。下り坂では非常にバランスが取れているのでブレがなく安心して乗ることが可能です。
コスミックエリート
重さはありますが、簡単にエアロ感を感じれるホイールです。直線でのスピードの乗りは低価格にして圧巻でした。ベアリングも軽いので重さを感じさせないホイールです。
デュラエースC35
35mmハイトのエアロホイールですが、非常に軽くハブのベアリングもとても良く回るので直線と下りでのスピードはかなり出ます。バランスのとれたホイールなのでサイクリングからレースにまで対応できる万能ホイールです。

そして、最初の方で書いた太ももの裏を鍛えることのできる、「あるもの」を紹介します!

それは…
クリートと呼ばれる靴の裏についたパーツ。
イメージとしてはスノーボードのステップインに近いです。

それから受け口になる…ビンディングペダルです!!!
ちなみに私はTIME のRXSカーボンを使っています。
タイムのペダルは独特のフロート(足の左右に少しの遊びがあること)があり、ガッチリとした強制感がなく長く乗っても疲れにくいのが特徴になります。ペダル本体も軽量なのも特徴です。さらに膝にも優しいので関節を痛めやすい人などにオススメのペダルです。
これをカチャッとつける事によって、ペダルと足が1つになります。それにより、ペダルを踏み込むだけではなく、引きつける筋肉も使えます。
そして力も50%50%になるので普通のペダルに比べ長距離も楽に乗れるというアイテムです。ロード乗りはほぼ100%これをつけます。

え?そしたら止まっても転ぶじゃん!って思った方!!!

こうやってつけて、こうやって外します!!(写真:ペダルのはめ方1)
ほっておいてもペダルははめやすい向きになっています。
なので、こうやって…(写真:ペダルのはめ方2)
つま先を前に出して…(写真:ペダルのはめ方3)
踏み込むだけ!!!そしたらカチャと音がします。これで一心同体!!!

止まる時は…(写真:ペダル外し方)
かかとを外側に開くと外れます。最初のうちは立ちゴケといい、外れる前に止まろうとして転ぶ人もいるみたいです。常に止まるかもという予想のもと準備しておけば立ちゴケはありえません。

それと自転車の良いところは…
グループでの運動が可能。
トレーニングはグループでの方が絶対に長続きしますのでおすすめです。

彼は僕のサービスマン。
信用のおける人に自転車を触ってもらい、自分だけのカスタマイズにしよー!!!

忘れてました。
ロードバイクがスノーボードの何に役立ったか?
私は今まで標高3500mくらいのところで練習すると…40秒コースで10本も滑る体力がありませんでした。今は20本まで滑られます。多く滑れる体力があるということはそれだけ自分の技術にできるということ。そして私たちが大会で優勝するには10本滑ります。
楽に100%のまま、10本滑るという事が出来ます。

あとは普段、生きているのが楽です!!!
皆さんもいかがですか。
吉岡健太郎


サドルは出会い

私が選んだサドル

Myサドル

キシリウムSLS
R-sys

コスミックエリート
デュラエースC35

クリート

ビンディングペダル
足とペダルは胴体

ペダルのはめ方1
ペダルのはめ方2
ペダルのはめ方3
ペダルの外し方

グループ

サービスマン

copyright