SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



プロスノーボーダーの冬は短い
大会、撮影、スクール業務、キャンプにメーカープロモーションなどなど
自分の時間として滑れる時間や、雪上でのトレーニング時間はそれほど多くはない
これを補うひとつの方法として、日本に雪がない時期に海外へ滑りに行くというやり方がある
それなりに費用はかかるが、滑ることで得られる満足感だけでなく、
お金だけでは得られない多くのことを経験し、学ぶことができる機会でもある
多くの「気づき」、を得たという片山雅登が、彼の「夏」であるニュージーランドの
魅力を紹介する
words by Masato Katayama


この夏、「連日、猛暑が続いている」、とインターネットニュースで知る。
高校時代、甲子園を目指していたのに、今は夏のヒーローたちの名前がよくわからない。
学生時代あんなに通っていた海、チョコレートみたいに真っ黒だった頃が懐かしい。
気がつけば 10 年以上、「夏」を経験していない・・・。(ちなみに杉本孝次は 24 年以上日本の夏を経験したことがない)
そう自分は 12 年に渡って、南半球で夏(冬)を過ごしている。ただいま冬まっただ中のニュージーランド!!

2013 シーズンの Mt.Hutt(マウントハット) は例年より雪が多く、コンディションは最高だ。
そんな自分の「夏」である Mt.Hutt の魅力を紹介していきたいと思う。


日本(成田・関空)からニュージーランド、オークランド経由で南島最大の都市クライストチャーチへ。Mt.Hutt はクライストチャーチの西約 123 キロに 位置し、ベースタウンは Methven(メスベン)。ゲレンデ標高の最高点は 2086m(ベース 1443mで標高差 648m)6 人乗りリフト、クワッドリフト、トリプルリフト、マジックカーペ ットが設置されている。決して大きなスキー場ではないが、バラエティーに富んだコースを楽しむことができる。運営会社は NZSki、グループスキー場は「コロネットピーク」と「リマーカブル」がある。


朝、必ず Mt.Hutt のレポートを確認する。日本ではあまり考えられないがニュージーランドではスキー場が風や雪でクローズすることがあります。ゲレンデは森林限界に位置し、木は1本も生えていない。山は岩山で、標高の高いところだけが冬に雪で覆われ、カンタベリー平野の緑の絨毯が雪山から一望できる。パウダーはそんなにないが、雪質はハードパックで滑りやすい。とはいえ、オフピステはどこを滑っても OK なので、降雪時には我先にとパウダージャンキー達がリフトに列をつくる。


みなさんにお馴染みのカービング DVD「INSTALLER」の撮影も何度かMt.Hutt で行われています。Mt.Huttでの撮影は,いつも緊張感があり、自分をプッシュできる時間でもあり、仲間との大切なコミュニケーションの時間でもある。 特に、シギー・グラブナーとの撮影は刺激的でした。 またシギーさんと滑りたいな~。

(→右へ)

毎年、オリンピックのメダリストたちがトレーニングや撮影で Mt.Hutt を訪れる。 各国ナショナルチーム、BURTON グローバルチームなどのスーパースターばかりだ。本気の彼らの滑りを目の前で見れるのはこの時期のMt.Hutt ならでは。 またトレーニング後のレストハウスでの彼らとのコミュニケーションもここだからこそ。今年は誰と会えるのか、今から楽しみ。


Mt.Hutt を中心とした Methven では「Kids 4 Free」というプログラムがある。これは10 歳以下の子供たちに 「リフト券」、「レンタル」、「Methvenでの宿泊」、「食事」などがタダになるプログラム。凄いでしょ!!だからといって Methven
や Mt.Hutt にお金が落ちないかというと、そうでもない。ちゃんとマーケティングができていて採算がとれている。毎週末スキー場はパンパン。リフト券(93 ドル =8,000 円)は安くはないのに、大したもんだ!!ゲレンデ下部には 140m の屋根付きムービングベルトがあり、多くのビギナーがここでスクールの レッスンを受けている。またリフトを使ったレッスンでも受講生優先のコースがあり、ここをハイスピードで滑るとイントラに注意され、時にはリフト券を没収されることさえある。日本ではありえないが、ビギナーや子供にやさしいゲレンデでもあるのだ。


ベースタウンの Methven は人口 1300 人の小さな村だ。とはいえ、ゴルフ場や トレーニングジム、スーパーマーケットなどスノーボード生活には何不自由なく過ごすことができる。ゲレンデを下りた後はジムにいって汗を流したり、ゴルフやランニングでリフレッシュしたり、自分のための時間を過ごしている。 なにより村の人達はとてもフレンドリーで、つたない英語でも笑顔で接してくれる。10 年以上ここに来ている最大の理由は、この「人」だと思う。Methven に居ると、人との繋がりを感じる。この繋がりを大切にしたいと思う。なにより Methven は観光が村の大きな資源であり、自分たちもその一部だ。 この地域に貢献する事がウインタースポーツの発展に欠かせない。微力ながらこれからも力になれたらと思う。
「片山さんはメッチャ滑ってるでしょ!!」、とよく人に聞かれる。実際のところ、日本のシーズン中はスクール業務に専念しライディングの時間は殆ど無いのが現状。ニュージーランドでの時間が自分のライディングのベースとなっているのは確かだ。Mt.Hutt があるからこそプロにもなれたし、日本一にもなれた。アルパインと フリースタイルとデモンストレーターにもなれた。しかしただ好きなスノーボードを自分のためにするだけでは、このライフスタイルの継続は難しい。「コーチング」を通じてニュージーランドでのビジネスを確立できたことは、人生の大きな節目となった。
「スノーボードで生計を立てる」
、これは多くのスノーボーダーが抱える問題だ。この解決策を Mt.Hutt が教えてくれた気がする。今、何をしなければいけないのか、優先順位はなんなのか。トップライダーからビギナーまでをピラミッドのように受け入れ、積極的なビギナー層への働きかけは日本も多くを学ばなければならない。ここに自分のスノーボードロジックがあり、スノーボードに対する考え方の根幹にもなっている。 これからも自分の考える「スノーボードにとって大切なこと」に邁進(まいしん)していきたいと思う。
最後に、こんな魅力的な Mt.Hutt で夏を過ごしてきた事、誰もが羨ましがるスノーライフを 12 年も続けてこれた事、 こんなに幸せなことはない。杉本夫妻、Methven の人達、そして家族にただただ感謝です。
みなさんも機会があればぜひ一度、Mt.Hutt に滑りに来てみては?
きっと人生が変わりますよ。

真冬の Mt.Huttより 片山 雅登


copyright