SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE




小北聖子がスノーボードで本格的に競技を始めたのは30歳を過ぎてから
経験、体力、仕事との両立
決して楽ではない状況をどのように考え、行動してきたのか
「明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい」
小北が示すスノーボード流儀とは

words by Masako Kogita



自分のバックボーンとなるものはなんだろうと考えたとき、ひとつに絞るのはとても難しいのですが、あえて、ひとつ選ぶとすれば、高校生のときの経験が大きく自分の考え方に影響を与えているのではないかと思います。
周囲の勧めでなんとなく入った学校だったのですが、入学後の説明会で 「この学校の情報処理科では、県内で唯一、高校生では取得の難しい国家資格の合格者を、2年にひとりずつ輩出しています」、という話を聞いたことがきっかけで、
「せっかくそんな実績のある学校に入ったからには、その資格の合格を目指して頑張ってみよう」、と考えました。
ただ、その後、情報処理というものに特別興味があったわけでもない私が、2年にひとりしか合格しない資格に受かるわけがない、と考えてしまうようになり、途中で合格することをあきらめていました。そんな中、まわりの友達からの励ましの言葉がきっかけで、再び、合格を目指して頑張ることができ、なんと、信じられないことにその資格に合格することができたのです。その事を経験して以来、どんなに高い目標でも、あきらめずに頑張り続けることが大切だと考えるようになり、また、周囲の人の応援の力のすごさを実感しました。


そして、次に自分に影響を与えたことを挙げるとすれば、大学卒業後の約7年間のシステムエンジニアとしての経験です。
一般的に忙しい仕事として知られている通り、繁忙期には納期に追われ、夜遅くや休みの日に働くこともかなり多かったです。一年中忙しいわけではなかったのですが、冬に忙しくなる事が多く、大学生の頃に趣味として始めたスノーボードとは5年間ほど離れることとなりました。
ただ、大変だからこそ、非常にやりがいも感じられる仕事で、多角的にものを考える能力や発想力、忍耐力など、仕事を通して得るものが多く、当時の経験は自分にとってはかなり貴重なものとなりました。


一方で、スノーボードをやりたい気持ちもあり、このままの生活を続けたとき、将来後悔しないかどうかを真剣に考えるようにもなりました。
何年も悩んだ結果、少し大げさかもしれませんが、
「明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい」、という結論に至り、大好きでやりがいもある仕事ではありましたが、不器用な私にとって、スノーボードとの両立が難しかった当時の職場から離れることを決意しました。


現在はSE経験と資格を活かした仕事に携わっています。
スポーツ経験がほとんどなく、競技としてスノーボードを始めたのが30歳を過ぎてからと、経験年数もかなり浅い方だと思います。普通に考えたら、ベテランの先輩たちや若くて体力のある選手達と競えるわけはないと思ってしまうのですが、過去の経験 を思い出し、なにごともやってみなければわからないという考えのもと、あきらめず、プロスノーボーダーと仕事の両立を目指して日々トレーニングに励んでいるところです。


過去の経験を通して、何事においても自分ひとりではなにもできず、周りの人の協力があってこそ今の自分があると思います。 これからも感謝の気持ちを忘れることなく目標に向かって日々努力して行きたいと思います。


最近の日課は出勤前の自転車の早朝トレーニングです。
朝5時頃から30〜40キロ程度走っていて、休憩場所にある2連水車の前で写真を撮るのが習慣となっています。
最近はネタ切れで困っているので、良いアイディアがあればアドバイスお願いします!

小北聖子


資格取得時
SE時代

コロラド カッパーマウンテンにて

海外遠征中の休日 ユタ州アーチーズにて

2013プロ戦

早朝 自転車トレーニング中

早朝 自転車トレーニング中

copyright