SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



今季から新たにチームメンバーとなった斯波正樹
スノーボードの技術向上や、彼の目標とする
オリンピックへ向けて必要とされるものは、
単にスノーボードをするだけではなく、そこに確実な効果をもたらせてくれる
普段からの「行ない」があってこそだと言う
そんな正樹の「姿勢」をお伝えしたい

words by Masaki Shiba


 僕は、3歳からピアノを習っていた。3つ上の兄が居て、兄がピアノを習っていたことから、僕は自分からピアノを習いたいと言い始めた。気づいた頃には、耳に入ってくる音楽をすぐ弾けるようになっていた。
ピアノを弾くのが楽しくて、いつも練習をしていたのを覚えている。サッカーもしていたため、中学に上がると部活の時間で忙しくなり、結局ピアノ教室に行く時間が無くなってしまったため、教室に通うのは辞めてしまったが、今でもピアノは好きで弾いている。そんな大好きなピアノで鍛えられたものがある。それは、リズム感と音を聞き分ける力だった。

 小学校3年生から始めたスノーボード。その頃まわりにアルペンレーサーがたくさん居たこともあり、僕もアルペンを始めた。気づけば、自然と目指すは世界へと変わっていった。2001年に初めて出場した国際大会ISF世界ジュニア選手権U-16で優勝。しかし、優勝のインタビューをされても言葉がわからず言いたいことがあるのに答えられない。結局2位だったアメリカの選手のインタビューの方が長く放送される始末。これではイカン!!、と思い、また将来的に選手としていけば必ず世界の舞台に立つ、ということは選手も外国人、コーチも外国人になると思った。今でも自分の決意を鮮明に覚えている。「英語の授業だけはこれから真剣に受けていこう」。よく、授業で学ぶ英語は実際には使えないと聞くが、文法がわからなければ自分の想いを話すことや、相手の想いを聴くことは絶対に出来ない、と考えた。中学校と高校では英語のみで見ればトップクラスの成績を取っていった。

カナダ留学時代

 高校を卒業し、カナダへ留学した。一年間のスポーツ専門学校を経て、2年目から4年目まで、カルガリーを拠点とするスノーボードチームへ入った。カナダへ渡った理由は、今後世界で飛躍するために「言葉」を覚え、「技術」を磨くことだった。2年目からのカルガリーチームでは、夏場もチームでトレーニングしていたが、アルバイトをする時間があったので、週6日一日8時間のアルバイトをしながら、朝と夜にフィジカルトレーニングをした。そのアルバイトは、接客からお金の管理まで全て一人で行うものだったので、自然とかなりの英語力が身についた。外国の言葉を覚えるには、音を聞き分ける力、そしてリズム感が必要だと実感した。3歳からやって来たピアノが、僕の生活であったスノーボードと直接リンクしていた。コーチもチームメートもカナダ人。自分の想いを相手に伝える、そして相手の言いたいことを理解する。それがどんどん出来るようになっていったと共に、さらに技術力が上がり、同時に精神をコントロールする力が上がっていった。成績も順調に伸びていった。

 現在はワールドカップチームに上がり、コーチはフランス人。チームメートは僕を含めた3人の日本人と2人のフランス人。もちろん日本人と話をする時は日本語。フランス語は話せないのでコーチその他のチームメートと話す時は英語。昔にイメージした、「将来世界の舞台にいったとき、必ず英語が必要になる」、ということが現実に動いており、描いたシナリオ通りになっている。やはりレベルが上がれば上がるほど、心技体全て細かく説明出来ることが必要だし、細かなところをコーチから聴くことが必要になってくる。それが出来なければ、いくらコーチや環境が良くても、ストレスになってくる。今の僕が歩んでいる道は、幸せなことに大まかだけど自分が描いてきたシナリオ通りになっている。

 昨シーズンは今までで一番辛いシーズンとなった。しかし、来シーズンの成績次第でオリンピックへの出場権を獲得できる望みがある。僕は、今まで自分が歩んで来た道に自信を持っている。足りない部分を今この夏に補い、さらに強くなった斯波正樹でオリンピック出場という目標を達成したい。

斯波正樹


ソチオリンピックを目指すチームメンバーの斯波正樹と吉岡健太郎が8/20に北海道富良野から約1500kmを自転車で横断する企画、斯波正樹+吉岡健太郎 想いを集め、心をつなぐロードバイク北海道〜東京縦断をおこないます。
彼らの「想い」を特設ページでぜひご覧ください。

日々の情報は、この企画のFacebookページでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/mkchallenge

皆さまの応援をお願いいたします。


copyright