SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



今シーズンよりSGの仲間入りをした吉岡健太郎。現在ナショナルチームの一員として、FISワールドカップを転戦しています。そんな健太郎の近況や「世界」を肌で感じている「今」を聞いてみました

photo by SAM word by @icy_road

レースもいよいよ終盤ですが、振り返ってどうですか?
吉岡健太郎(以下、健太郎)
今シーズンから本格的にFISワールドカップをまわり始めて、だいたいの感じは掴めてきました。今の自分に足りないのは完走する力なので、予選2本を滑りきれれば、必ずファイナルには行けるという感触はありますね。

健太郎にしては慎重な言い回しだね
健太郎
(笑)、最初はコケたら終わりだなとか、大丈夫かな、みたいな弱気なところがあったんですけど、今は心と体を一体化させればファイナルに行くことは難しいことではないと思うので、時間の問題だとは思っていますよ!

海外での転戦が続きますが、生活面は大変じゃない?
健太郎
一番困るのは食事ですね。道産子としては、ラーメンとかスープカレーが大好きなので、そういうものは食べたくなりますね。2ヶ月とか海外での生活になると、禁断症状が出て、手が震えてきます(笑)

旅のハプニングとかも多いんじゃない?
健太郎
僕、少々のことは気にならないタイプなのであんまり気にしないですね。
空港で荷物が出て来ないとか、飛行機が遅れて乗り継ぎ便に乗れなかったくらいですかね。自分の力ではどうにもならないことは気にしないようにしてます。

海外で受ける刺激も多いと思うんだけど
健太郎
ヨーロッパのゲレンデは広くて、雪もいい状態であることが多いから、環境面は最高ですね。そこでレベルの高い選手と身近に滑れると吸収することは多いです。でも、自分がそういう選手たちと遠い存在とは感じないので、あとは結果でそれを示したいですね。

今まで国内でやってきたレースと海外のレースの違いはある?
健太郎
国内レースだと大転倒しない限りは、多少ミスしてもある程度の順位に着けられると思うんですけど、ワールドカップでは同じようなタイムに選手がひしめいていますから、ひとつのミスで下手をすると予選2本目に行けない可能性があるくらいシビアな世界です。その緊張感は国内とはケタが違いますね。ゲートのセッティングにしても、国内だとバラツキがあるというか、やはり世界標準なゲートセットでやった方が選手はどんどん伸びていくんじゃないかと思いますね。

海外転戦中のオフの過ごし方は?
健太郎
まずはたくさん寝ます(笑)あとは軽い運動をすることですね。例えばバイクを漕ぐとか、散歩するとか、室内でできるコアトレーニングなどです。ゆっくりするんだけど、血流を良くしておくような程度の運動はしますね。
あとは長風呂!バスタブにお湯をためて、日本のドラマとかDVDで観ながら一時間くらい浸かって、その後ストレッチしてます。気分転換も必要なので、少しワインを飲んでみたり、街を歩いたりして訪れた国を少しでも知るのも好きですよ。

英語は少し上達したかな?
健太郎
英語はヒドいもんで、全然ダメなんですけど(笑)(フランス人の)コーチとのコミュニケーションは随分通じるようにはなってきましたよ。

限られた練習時間の一般アマチュアレーサーにアドバイスを
健太郎
イメージって大切だと思うんですよ。僕はYoutubeに映像をアップしたりしていますので、そういうのを参考に観てもらって、盗めるところは盗んでもらって、滑れない日はそれをアタマで何度もイメージしておいて雪上に立てる日にそれを試してみるとか、時間を有効に使えると思うんです。あと、一人の人から教えてもらうのもいいんですが、それだけに固執しないでいろんなものを柔軟に吸収できる気持ちも必要だと思います。時にはフリースタイルのビデオを観たり、いろんな人の話を聞く中で、スノーボーディングのイメージを作り上げていった方が幅が広がると思います。結果、どんどん上手になっていくと思うんですよね。

最後の今後の意気込みを
健太郎
シーズン残りのレースでファイナル進出とできればベスト8は狙っていきたいですね。待ってろ世界!(笑)ありがとうございました!

吉岡健太郎ブログ >>>
吉岡健太郎Youtubeチャンネル >>>
吉岡健太郎プロフィール >>>






編集後記
インタビューをおこなったのは、レースの合間に一時帰国した2月の半ば。
忙しい中で、ゆっくり休みたいであろう時に時間を作ってくれました。自分はやれるという思いと、なかなか結果が出ないもどかしさの中で健太郎はもがいています。
しかし、シギーやフィッシュなど、世界トップランカーの選手たちの動きを間近で見ている私たちは、SG PROTEAMライダーたちが健太郎以上の殺人的スケジュールをシーズン中にこなしている姿も知っています。
そんな中で、ヨーロッパ中心の転戦はアウェイであり、ホームのシギーたちとは違う不自由さも健太郎にはあることも知っています。それぞれが事情は違っても、ギリギリの中でしのぎを削っているワールカップでは技術の差というよりも、メンタルやモチベーションをスタートに立った時に保てるか、保てないかの差が結果に表れるのがワールドクラスの闘いです。
気持ちをホームでの闘いと位置づけられれば、健太郎がファイナリストの常連となる日も近いでしょう。皆さんの応援よろしくお願いします!

copyright