SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



今シーズン日本代表に選ばれ、ワールドカップを転戦する白川尊則
その決めてとなったのは、先シーズンの終わりに開催されたSAJ全日本選手権での優勝
しかし、タカ(白川尊則)が全日本を迎えるまでの先シーズンの滑走日数はたったの30日
よく滑りに行く一般ボーダーにも満たない時間で、
いかにしてタカがいつも言う、「なりたい自分」になれたのか?
それをひも解く連載を、タカ自身の言葉でお届けする第一回目

words by Takamitsu Shirakawa

はじめに、先シーズンは私にとって新たな一歩となりました。スノーボードをはじめ18年目、競技の世界に飛び込んでからは10年目と言う節目のシーズン。その10年目は、社会人として迎える1シーズン目でした。それまでも大学生、大学院生と学業に専念しながらの競技生活であり、決してスノーボード1つという生活ではありませんでした。

 今回の記事を通して、1番伝えたいことは「なりたい自分になる」です。こんなありきたりな自己啓発本を引用したような言葉か、と感じるかもしれませんが、私はこの言葉とともに歩んできました。私から伝えられることは、何よりこれまでのその「なりたい」の「考え方」と「イメージ」と「取り組み」を通した経験を少しでも言葉に置き換え、こうした貴重な場を通して発信することです。この回では、基盤となる「考え方」、について皆様にお話させて頂きます。

 ここからはどんな言葉もその画を思い描きながら、読んで頂けたら幸いです。文字として捉えずに、見て読み取ったものを感じたままに画にしてみましょう。自分のことかのように置き換え、自分が主人公になったつもりで。自分が考えていることがそのまま行動となるわけですが、どんなことも考えたことや思ったことに適応しようとします。よくイメージトレーニングと呼ばれるものを行う理由としては、自分があたかも何かをやっていることを頭の中で考えることで、やったことがないことでもやったかのように脳をだますことができ、結果、いざやった時に「できる」を体験することになります。疑似体験から記憶したことが現実なり、さらに強固に記憶されていく過程がイメージトレーニングの神髄です。

 では、イメージをしていく上での基盤となる「考え方」ですが、私は後述のように捉えています。「なるようになる」は、つまり「成さねば成らぬ何事も」と同義語だと感じています。これが意味するのは、まずは何でもやれることからやってみようということです。やれないことをやれないと嘆いてもやれるようにはならないでしょう。であれば、自分にできることをやってみることが大切だと感じています。やることで誰でも得られることは、その「原因と結果」です。できることにも、できないことにも必ず答えがあります。これを難しいことから考えるのではなく、簡単なことから答えを見つけていく日々の積み重ねが、「分からない」を「分かる」に変えてくれます。この「分かる」までの過程で大切なことは、「取り組む」ということだと感じています。やることと同じ意味に感じるかもしれませんが、私は、これを「物事を繋ぎ合わせること」と捉えています。その物事とは、「原因と結果」です。自分がなりたいと願うものと自分の現在行っていることがそこへ向かっているのかどうか、近づいているのかどうか、そのギャップを埋める行為が「取り組み」です。やらなければ変わらない、やれば変わり、さらに変わるための道が見えます。

 よく努力が報われなかったという言葉が使われます。しかし、それは果たして努力であったかどうか、そこから考えてみる必要がある時もあります。「努力は必ず報われる」という言葉ができたのはなぜだろうか。辞書を辿れば、努力とは、目的を達成するために力を尽くして励むことと記されています。目的を達成できなければ、その方法とは違う方法が必要であったと考えられます。
(右へ→)

やることをやれば、何が良くて、何が悪くて、何が起こったのかを自分で知ることができます。そこで、初めて考え方や取り組み方の軌道修正をし、別の方法で取り組むことができます。そうして、1つ1つを行っていくことで、初めて報われる結果が伴います。こうした過程を繰り返し経て、初めて結果が出るから、「努力は報われる」ということばができたのかと思います。

 私はこれまでとても多くの経験をさせて頂きました。迎えた昨季では、海外へいくこともなく、仕事に従事し、大会も含め総滑走日数は30日強と決して滑り込んだと言えるものではない日々でした。普通に就職活動を行い、スノーボードとは関係無しに新卒で入社し、社会人となりました。その環境の中で大会において結果を出すことができたのは、仕事以外の時間、滑る以外の時間で、何を考え、何をイメージし、何を取り組めば、ワールドカップ遠征メンバーに圧倒的に勝ち、全日本選手権を優勝することができるのか。そこだけに集中して、日々を積み重ねていきました。誰しも同じことを行い、同じ結果が得られるわけではありませんが、1人1人に合った取り組みができれば、その結果を得ることは必ずできると信じてやまないです。

 もし、この記事を読んでくれているジュニア選手やジュニア選手の親御さんがいらっしゃるなら、今なりたいと願っているものを本当に大切にして頂きたいです。そのなりたい気持ちが最大の原動力となり、好きなことをもっと好きになる、時には嫌いになってしまうこともある、だけどその中で経た経験は掛け替えが無く、いつの日にも活きるものとなります。スノーボードは遊びの発展と言われていますが、立派なオリンピック種目の競技でもあります。ヒトのパーソナリティや感性を磨く上で、スポーツから得られるもの、身体を動かすことで得られるもの、それは計り知れないです。 競技として頑張りたいと思っているジュニアの子達には、無限の可能性があります。「センスや体格差が…」などと言われるものは、後で取ってつけた「ヒトやモノや環境」への責任転嫁と同様です。絶対に誰のせいでもありません。誰しも後天的にできることや得られることが、人生そのものであって、生涯を通した楽しみでもあります。そのサポートや心に響く言葉をかけてあげましょう。そして、ジュニア選手達に私からかけられる言葉は、「全ては自分次第で何にでもなれる」です。今、できないことがあってもできるようになりたいと願えば、できるようにどんどんなっていきます。自分の考え方1つで浮かぶイメージが変わり、その見え方も異なり、どうしたらいいかという取り組みもより良いものを選択できるようになっていきます。もし、滑ることで沢山困っていることがあるなら、機会や時間が作れた際は、私と滑りましょう。

 もし、この記事を読んで下さっている社会人の皆様がいらっしゃるなら、今からでもどんどん上手くなって、もっともっとスノーボードが楽しめるようになっていくことを私は心から願い、この筆を執ってみました。この回では、実際にどうするかという内容には触れておりませんが、次回より悩んでいたところを解消するための「イメージ」に焦点を当て、余すこと無くお話しさせて頂ければと思っています。そうした上で、今回の「考え方」に関しては、自分の思うものを長々と書き綴りました。ここを土台として、次回からの内容全てですが、どんどん頭の中で滑っている画を描きましょう。そして、最終的にどんな角度からも流すことのできる動画にしていきましょう。
                   白川尊則

copyright